« シネコンとミニシアター | トップページ

2017年11月25日 (土)

研修効果を説明しなさい

他業種の研修担当仲間と話していると、昨今、研修の効果測定に対する要望が高まっていると聞きます。特に、経営層や現場組織から研修効果の説明を求められる傾向にあるといいます。最近はEラーニングを併用している企業も多く、全社対象のFTFの研修となると、確かに、旅費や宿泊代を含め、機会コストから見ると、気になるところかもしれません。

研修効果の測定で、「成果」といえば、ずっと昔(1960年代)から、ドナルド・カートパトリックが提案した4つもしくは5つの段階やステップというのがあります。いわゆる「受講満足度」「理解度」「実践度」「成果・結果」なのですが、ある研修機関の調査では「純粋にROIが知りたい」とおっしゃる経営層の方は思ったより少なく、驚いたことに、ただ「学んだことを本当に業務に活かせているか」というのが最も知りたいことだそうです。

「研修効果を説明しなさい」という依頼があると、随分と込み入った内容を想像しがちですが、実際はそうでもない、となると、いかに日ごろから、研修の状況を経営層や現場組織に「見える化」して、現場や経営層とのコンセンサスが形成できているか、にかかっていると思います。受講生に、学習したことを業務で活かす行動=「実践」を促しても、現場で上司の協力や理解がえられなければ、「研修効果を説明しなさい」になってしまいます。

研修ご担当の皆さんも、アンケートの内容には、いろいろ工夫されていると思います。弊社の場合は、研修の前後に、仕事をしていく上で必要となる100項目のスキル度チェックを、毎回、受講者自身に行ってもらっています。それとは別に、研修で気づいたご自分が出来ていない項目を、今後の3ヶ月で改善するための行動プランを作成し、実践します。これは、現場の上司も「期待コメント」を書いてもらうようになっていて、研修自体に関わりができています。

経営層や現場組織に、研修を「見える化」するのに、私たちがいつも気をつけていることがあります。それは、経営層や現場組織が知りたいこと、「仕事ぶりが望ましい状態に近づいているか」といった「行動変容」を可視化することです。その事実を把握、共有することで、経営層や現場組織との信頼関係を築くことがより可能だと思っています。

|

« シネコンとミニシアター | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/66084108

この記事へのトラックバック一覧です: 研修効果を説明しなさい:

« シネコンとミニシアター | トップページ