« 講師とプログラム | トップページ | 相手理解 »

2017年9月30日 (土)

内定式に思う

10月1日から、全国各地で内定式が行われます。弊社も、来年度の新卒採用で、営業や内務スタッフ、技術・研究職を合わせて前年を上回る人数を予定しているのですが、もちろん、確定しているわけではありません。内定式を行わない企業も多くありますし、内定式は必ずしも行わなくてもよいわけですが、企業によって、いろいろ事情があるようです。

内定式といっても、別に疑問を持たれない方も多いかと思いますが、そもそも企業側の都合からいうと、内定者を他の企業に取られないため、または内定辞退をされないための「囲い込み」の一環として行われている可能性が高いと考えられています。内定者の囲い込みというのは、企業によって、いろいろな方法をお持ちと思いますが、この内定式は、外せないようです。

人事の採用担当の人に聞いたのですが、学生さん側からすると、別に10月1日以降も就職活動をして、別の内定をもらって、それ以前の内定をもらった企業に内定を辞退するというのは、法律上の問題はないようです。内定式に出ると内定承諾書にサインさせられると、以降内定辞退はできなくなるなんてことはないみたいです。

ほとんどの企業が、この時期に、内定式を行って、あの手この手で、内定者の囲い込みを努力をされているわけですが、来年3月の時点までに、内定辞退されるリスクはついて回るので、さらに採用を続けて増減のバランスを取っていると言います。そして採用面接も、「相手理解」を念頭に、コミュニケーションを取るように心がけているとのこと。

具体的には、まずは「仲良くなる」こと、できるだけ、向こうから質問させること。そして採用担当者自身が自己開示をすることが重要だといいます。例えば、入社動機は向こうから聞きたいのなら、自分が入社した時の「入社動機」を自己開示すること。この会社の「何が好きなのか」「なぜ好きなのか」、「事業説明」「仕事説明」で終わらないようにしているとのこと。「風通しが良い」というなら、「どんな風に良いのか」具体的レベルで話す必要があるのです。

|

« 講師とプログラム | トップページ | 相手理解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/65855056

この記事へのトラックバック一覧です: 内定式に思う:

« 講師とプログラム | トップページ | 相手理解 »