« 2017年7月 | トップページ

2017年8月19日 (土)

ご配慮ありがとうございます

新人研修や彼らの職場指導するメンター研修などで、気を付けていることの一つに、「教えすぎないこと」があります。ネット時代に育ってきた彼らは、通常の社会生活の中で、分からないことがあると、即スマホで検索、一発回答が得られます。学生時代のアルバイトも、ほとんどはマニュアルのある作業を与えられることが多く、それが仕事だと思っている人が少なくありません。

会社の仕事は、マニュアルのある仕事で徹底的に教え込む仕事と、マニュアルがなく考えて仕事をしてもらうため決まった解がない仕事に分かれます。先輩に聞いても教えてくれないので、戸惑いが生じたりします。そんな彼らのために、配属先での仕事の様子や難しさを感じている問題があれば、配属後、半年たってからのフォローアップ研修でクリアにしてもらいます。

「ご配慮ありがとうございます」という言葉は、恒例のフォローアップ研修のオリエンテーションで、新人の質問に答える弊方の担当者の第一声でした。具体的には、これから行われるフォロー研修が、テーマによりクラスが分れ、ワールドカフェ形式で、時間ごとに移動するタイムスケジュールについて、「いろいろの部署の新人を振り分けて、順次回していくのが、時間通り、できないではないか」という新人からの疑問点でした。

「ご配慮ありがとうございます」は、何年もこの研修を担当しているベテランが、入社1年目の新人にいう言葉としては丁寧すぎると思われるかもしれませんが、「大丈夫です。何年もこの研修を行っていて、問題なくやれています。」と、即答しないところに意味があるのです。まず、相手に敬意を払いながら、具体的になぜ問題があると考えたのか、質問しながら、他の新人たちと疑問を共有して、みんなに考える時間を与えたのです。

最終的には、「大丈夫です。問題なくやれます。」という答えだったのですが、「ご配慮ありがとうございます」という丁寧な言葉使いには、新人とはいえ、大人扱いをしているつもりでいるのです。現に、このフォロー研修が終わり現場に戻った彼らは、新人扱いされることなく、「大人扱い」されて、立派なチーム一員として活躍してほしいからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

当事者意識のない人

当事者意識とは、その言葉のままですが、言葉でいうほどその意識を持つことは簡単ではありません。新入社員研修では、学生から社会人になる意識の持ち方の違いを、仕事人の役割として説明することで、当人たちに当事者意識を持たせることはできます。しかし、二年目、三年目になるにつれ、与えられた仕事なり、雑用なりが自分の仕事だと思っていない人が出てきます。

具体的には、その仕事は上司の仕事であって、それを手伝っているという意識しか持たない人で、あえて意識して当事者意識が薄いのか、無意識に薄いのかは分かりませんが、実際にその仕事に関わっているのに、まるで他人事のような振る舞いや発言をする人がいます。環境がそうさせてしまったこともありますし、そもそもそういう人だったのかもしれません。

当事者意識を持てない人に共通しているのは「責任から逃れようとしている」ことです。そして、責任を追及されると、例外なく「自分には関係ないと思った」「知らなかった」など言い訳をします。部下がどんなに優れた能力を持っていても、問題意識に乏しく、当事者意識を持ちたがらないなら、結果としてその人は能力を発揮していないことになります。こんな人がリーダーになったら、部下はたまったものではありません。

管理職候補の研修で「こんな上司になりたくない」を反面教師とて上げてもらうと、「肝心なところで逃げる」「責任をとろうとしない」が上位を占めます。明らかに当事者なのに「知らない!」「関係ない!」と言い張り、責任をとろうとしない、というのです。「責任をとろうとしない」というより、本気で「自分は悪くない!」と思っているから始末に負えないのです。

当事者意識は、英語では「Sense of Ownership」というそうですが、「当事者意識を持ってほしい」と感じるとき、その「当事者意識」は「オーナーシップ」と言い換えることができるかもしれません。オーナーシップとは、自分の担当する仕事を、命じられたからやるという消極的な向き合い方ではなく、自分自身の課題として主体性をもって取り組む姿勢をいいます。「当事者意識を持て」というより「オーナーシップを持たせる」方が早道なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ