« リーダーの育成 | トップページ | 当事者意識のない人 »

2017年7月22日 (土)

窓から飛び降りなさい

これは埼玉県の所沢市立小学校の男性教諭が、担当する4年生のクラスで、ほかの児童ともめた男子児童を指導する際に言ったとテレビで伝えられたびっくりニュースです。市教委の発表によると、「窓から飛び降りなさい」、「明日からはくるな」などと迫ったほか、全34人のクラスに「明日からは33人でやっていこう」と発言したというのです。

このところ、お茶の間は、加計学園問題や、大臣などの不用意な発言のニュースで、与野党の攻防の様子が報じられていて、このような学校での不祥事は、かすんでしまいます。マスコミの報道は、毎日のように報じられる、政府寄りのチャネルとそうではない反政府報道の両方を比較することで、私たちは、おおよそのことは理解できるのですが・・・。

男性教諭と同校長は事実関係を認め、保護者らに謝罪する一方、学校側は、男性教諭と児童を当面、接触させない措置をとりつつ、全校児童に説明するほか、「心のアンケート」を実施し、全児童への心のケアを行う予定とのことです。市教委は、たいしたコメントもなく、「誠に遺憾」としながら、さらに詳しく調べる方針だそうです。

嘘をついているかもしれない官邸、証拠資料を隠したがる官僚かも知れませんが、今回も教育の現場では、「誠に遺憾」というだけで他人事(ひとごと)の教育委員会、いわれたから謝罪した、事なかれ主義の学校側という構図は、相変わらずで、どこか可笑しい、思いながらも、そのままやり過ごす当事者意識が薄い私たちがそこにいます。

いじめ問題も含め、このような学校の不祥事は、ことが起きるたびにニュースとして取り上げられるのですが、これらは一部の学校で、いじめのない学校、不祥事のない学校は沢山あると思います。熱血漢の先生、クラス全員に慕われる先生、授業をアイデアで生徒を巻き込む先生、などなど、これらのニュースを日ごろから流してくれるマスコミ媒体はないのでしょうか?

|

« リーダーの育成 | トップページ | 当事者意識のない人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/65565902

この記事へのトラックバック一覧です: 窓から飛び降りなさい:

« リーダーの育成 | トップページ | 当事者意識のない人 »