« 忖度する | トップページ | リーダーの育成 »

2017年6月25日 (日)

タイムマネジメント

タイムマネジメントといえば「時間管理」と訳されていることが多いと思いますが、実際、時間というものは管理できるものではありません。マネジメントというと、「チームマネジメント」「プロジェクトマネジメント」「リスクマネジメント」もそうですが、どれ一つとっても「マネジメント=管理」では間違った捉え方になります。

もともとManagement(マネジメント)という名詞が、Manage(マネージ)という「取り扱う、上手な処理を行う、何とかする」動詞からきているとすれば、「管理」というより、むしろ「有効に活用する」ということでしょうか。それであるなら、「ボスマネジメント」「コストマネジメント」「ストレスマネジメント」という表現も、何となくわかるような気がします。

さて、タイムマネジメントに話を戻しますと、その目的は「時間を管理する」のではなく、「時間を作り出す」ことにあります。それも、自己啓発のように、その狙いは「自分のために」というのと、人材育成のように「人のために」いう二通りの場面があります。業務遂行で「チームのために」というのもあります。ただ、そのゴールの認識は、人によって異なり、仕事上においては、そのゴールイメージができていないと、「時間を作り出す」必要性をあまり感じなくなります。

具体的には、自己啓発であれ、業務遂行であれ、いかに現状を把握しているか、そしてゴール(あるべき姿)をイメージできているかが重要になります。たとえば、人材育成なら、「誰を、いつまでに、どのレベルに引き上げたいか、という具体的なイメージができていなければ、「時間を作り出す」作業は、あいまいになってしまいます。人材育成の必要性は分かっていても、いつも業務遂行が優先され、育成に関われないのは、そのためではないでしょうか。

いままでタイムマネジメントの研修を行ってきましたが、そのあと実際の業務に活かすために大切なことは、一つは、優先順位の第二領域(緊急でないが重要)のために時間をつくることで第一領域(緊急で且つ重要)の項目を減らせること、二つは、第四領域(緊急でなく、重要でない)事項は、「やること」でなく「やめること」「手放すこと」を決めることだと思います。

|

« 忖度する | トップページ | リーダーの育成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/65454976

この記事へのトラックバック一覧です: タイムマネジメント:

« 忖度する | トップページ | リーダーの育成 »