« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月25日 (日)

タイムマネジメント

タイムマネジメントといえば「時間管理」と訳されていることが多いと思いますが、実際、時間というものは管理できるものではありません。マネジメントというと、「チームマネジメント」「プロジェクトマネジメント」「リスクマネジメント」もそうですが、どれ一つとっても「マネジメント=管理」では間違った捉え方になります。

もともとManagement(マネジメント)という名詞が、Manage(マネージ)という「取り扱う、上手な処理を行う、何とかする」動詞からきているとすれば、「管理」というより、むしろ「有効に活用する」ということでしょうか。それであるなら、「ボスマネジメント」「コストマネジメント」「ストレスマネジメント」という表現も、何となくわかるような気がします。

さて、タイムマネジメントに話を戻しますと、その目的は「時間を管理する」のではなく、「時間を作り出す」ことにあります。それも、自己啓発のように、その狙いは「自分のために」というのと、人材育成のように「人のために」いう二通りの場面があります。業務遂行で「チームのために」というのもあります。ただ、そのゴールの認識は、人によって異なり、仕事上においては、そのゴールイメージができていないと、「時間を作り出す」必要性をあまり感じなくなります。

具体的には、自己啓発であれ、業務遂行であれ、いかに現状を把握しているか、そしてゴール(あるべき姿)をイメージできているかが重要になります。たとえば、人材育成なら、「誰を、いつまでに、どのレベルに引き上げたいか、という具体的なイメージができていなければ、「時間を作り出す」作業は、あいまいになってしまいます。人材育成の必要性は分かっていても、いつも業務遂行が優先され、育成に関われないのは、そのためではないでしょうか。

いままでタイムマネジメントの研修を行ってきましたが、そのあと実際の業務に活かすために大切なことは、一つは、優先順位の第二領域(緊急でないが重要)のために時間をつくることで第一領域(緊急で且つ重要)の項目を減らせること、二つは、第四領域(緊急でなく、重要でない)事項は、「やること」でなく「やめること」「手放すこと」を決めることだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

忖度する

ここ数日のテレビでのニュースを見ていると、「忖度(そんたく)する」という言葉が、よく使われています。意味合いとしては、辞書にある通り、「他人の心を推しはかること」で、「相手の真意を忖度する」といった使い方があります。太宰治の代表作「晩年」の一節にもこの言葉がでてきますが、もともと、ニュアンス的には、「善意」の行為であるのに、政治の世界で主に使われる言葉のイメージは、「悪い」忖度がすっかり定着してしまいました。

忖度の同義語としてよく挙げられるのが「斟酌(しんしゃく)」です。斟酌の意味としては、「相手の事情や心情をくみとる事、またくみ取って手加減する事」で、違いとしては忖度は「相手の気持ちを(自分なりに)考察すること」であり、斟酌は「(事実としてあることに対し)相手の事情をくみとる」ということで、政治の世界では、この「斟酌」の方が合っているのかも知れません。

他人の心を推しはかる文化は、日本特有のものかも知れませんが、「忖度」という言葉は、中国の古代の昔からあったようで、「人の考えを推し量り、自分が不利益を被らないようにする保身的行為」といった意味だそうです。日本では特に、自分より上位の者の心情・立場などを考慮して、その者に良いようにふるまうことが慣例・文化としてとらえられる場合もあります。

こう言われてみると、国会の答弁で、どんなに厳しい質問の矢面に立っても、まともな回答をしないで、「言わされている」というのが見え見えであっても、紋切り口調の当事者。学校のいじめ問題で、文科省の思惑を「忖度して」、親御さんからの面会を拒否し続けてきたのに、上からの反故にするお達しがあった途端に、のこのこと親御さんに謝罪に出向く、無表情の教育委員会の責任者。子供たちには、どう映ったのでしょうか?

研修では、「相手の気持ちを(自分なりに)察すること」が必要とされるときの表現は、通常は「相手理解」であり、時として「共感」であったりします。忖度とか斟酌は聞いたことがありません。いまの政治では、重要な決定が、合意的にではなく、政治的な忖度や斟酌によって決定されたり、重要な人選が、実力によってではなく、人脈的な忖度や斟酌によって選定される、そういったことが、大企業や大学などの法人にも蔓延しないことを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »