« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月27日 (土)

権力の無責任化

教育の現場では、政治と宗教の話をするのはタブーとされていますが、最近、マスコミの報道をにぎわせている「議論がかみ合わない」政治的な問題には、正直なところ、「これでいいのだろうか」と考えさせられることが多くなりました。重要法案で質問に答えられない大臣、公開を要求された資料の存在を否定する省庁、それでも何事も起こらないのです。

「権力の無責任化」というのは、最近、テレビにゲスト出演された東大大学院の井上教授の言葉で、言い得て妙です。曰く「説明がちゃんとできなければ首が飛ぶ」という意味での“答責性”を現政権は全く無視している。復興担当大臣だけでなく、防衛大臣、法務大臣など、現政権のもとで権力を責任ある形で統制することが公然と無視され、傲慢化している」と。

今日の会社組織にあって、このような「権力の無責任化」が行われていれば、強権的に社内は抑えることはできても、お客様離れが進み、企業としての存在意義が失われることになりますが、こと政界においては、一強多弱の背景があるかぎり、可能なのかもしれません。ちょうど企業の株主総会を連想していただくと分ると思いますが、「多勢に無勢の状況では致し方なし」ということがあり得るのです。

政府が一連の学校開設問題で、いろいろな事実が明るみに出ても、国会答弁で、その資料に「信憑性がない」、「確認できなかった」。あげくに「確認の必要性がない」と平気で答える。まともに答えてはいないのに、それで逃げたつもりなのです。これらの表現は、資料の中身を検討することを拒む「回答」で、むかしロッキード事件で、証人が「記憶にございません」を連発したのに似ています。

ただ、このようなことがまかり通る世の中になっている現実を受け入れる必要があるのかもしれません。民主国家としてランキング度が高かった米国も、ツイッターで一方的に意見を述べたり、記者会見を拒否したりする大統領を選びました。私たちは、ありえないことが起こっている現実を直視し、人任せでなく、このままにしてよいのか、対応を迫られているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

イラスト入りテキスト

最近の学校の教科書を見せてもらうと、イラストや写真が多用されていて驚きました。ほとんど絵本に近い小学生用から、詳細イラストや写真を多用した高校生用まで、非常に具体的で、分かりやすくされています。もっとも、複数の出版社が競って編集していることもありますが、ビジュアルの時代を反映したものになっているのだと思います。

翻って、私たちが研修で使用するテキストは、昔ながらの文字量が多い内容となっています。もちろん、講師がその内容をパワーポイントのスライドを駆使して説明されますが、それでコトが足りているわけではありません。スライドといってもほとんどが文字だけで、ときどきイラストが入っていたりしますが、その画面を説明するものではありません。

本来、テキストと投影用スライドは別のものであるはずで、スライドはあくまでテキストの補完機能として、理解を深めるために用意されるべきです。それが最近では、スライドをテキスト代わりに使う講師の方もおられます。それはそれで結構なのですが、テキストを別途作るのを割愛されたようで、そうかといって、内容を具体的にイメージできるようなデザインにはなっているわけではなく、スライドの一部に図表が入っている程度なのです。

この前、あるベンダーさんからいただいた「セミナーガイド」は、表紙から中身まで、共通したイラストが入っていました。これは、単にプログラムの紹介なのですが、定番のプログラムはページは左開きと、最近のトレンドカリキュラムなどのお役立ち情報はページを右開きで読むようになっていました。その会社の営業マンの説明では、例年、同じような内容なので、興味をもって見ていただけるよう、アートディレクションに力を入れたとのこと。

考えてみると、大手研修機関や民間の研修会社では、「セミナーガイド」は発行するものの、プログラムが多すぎて、表にして並べるのが精いっぱいです。企業からの研修プログラム内容の要望は多様化し、いきおいテキスト作りは講師任せになることが、その理由の一つかもしれませんが、セミナーガイド一つをとってみても、イラスト入りなど、業界として、費用的に、そんなに余裕があるわけじゃない、と言われそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »