« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月18日 (土)

それを言っちゃ~終しめ~よ~

今は亡き渥美清さんの「寅さん」映画によく出てくるセリフに「それを言っちゃ~終しめ~よ~」というのがあります。最近の世の中での出来事、たとえば米大統領選や英国のEU離脱の国民投票、欧州各国に見られる保護主義というか本音ばかりを主張する傾向の出現に、思わずこの寅さんの決めセリフ「それを言っちゃ~終しめ~よ~」と言いたくなります。

この寅さんの「それを云々~」の「それ」は何かというと、「本当のこと、本音」を意味します。映画では、オイちゃん、オバちゃんたちが「寅さんは落ちこぼれ人間」と思っていても、それは承知のうえで、暖かく迎え入れています。本音と建て前を使い分けているのです。そこへ、本音しか言えないタコ社長が余計なことを言い、オイちゃんたちを巻き込んで喧嘩になった挙句「それを言っちゃ~終しめ~よ~」という捨てゼリフを残して、どこかに旅立っていくのです。

人間だれしも本音で語りたいのですが、相手があれば、一方的に自己主張は控えるのが流儀です。ビジネスにおいても「本音で語り合う」のはベストかもしれませんが、こと職場においては「建前」が無用な軋轢を避け、相手の本音を酌みつつ、言わぬが花で、結果として仕事が円滑に進んでいるのも事実、どこかに余裕をもった大人のコミュニケーション手段です。

それが最近では、「本音で語り、自己主張する」風潮が強くなってきたのではないでしょうか?相手を傷つけないという配慮もなく、いままで「建前を優先」していた余裕すらなくなってきたのでしょうか?自分たちの利益だけを相手から引き出そうと本音で迫っても、お互いにとって将来の利益になるのが「建前」で、本来のゴールなのです。言い換えれば、建前はあくまで、本音で話せる関係を築き上げるまでの前提手段なのです。

政治的な「劇場型選挙」では、誰かを仮想敵に仕立て上げる手法がまかり通っています。民衆は、このアジテーションに飲み込まれ、日ごろのうっぷんを「仮想敵」にぶっつけ、まさかの選挙結果を招くことになります。社会は、お互いの気遣いで成り立っているというのに、これからは余裕を失った、コミュニケーションの幅の少ない、いきなり本音トークしかしない、他責の人が多くなるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

残業問題の解決

最近、残業問題や仕事のスタイルに関心が高まっています。マスコミ報道で目にする機会が多くなり、企業の経営者や人事担当の責任者から、その改善に向けての悩みを聞く機会も増えています。もっとも、昔から「残業問題」は組織・戦略の問題、人の問題、仕事の問題としてクローズアップされてきており、その根本原因を私たちも探って来ました。

そもそも「残業がなぜ多いのか」と言われてみると、確かに周りを見渡せば、上司や仲間の目を気にした居残りや、不要な仕事に手を掛けすぎたり、上司からの指示があいまいで手探りで仕事をすすめるなど、結構、無駄があるように思います。結果として長時間労働、残業はなくならず、引いては人件費コストの増加、コンプライアンスの問題まで発生したりします。

「日本人は勤勉」と言われても、結構「要領が悪い働き方をしている」という事実があります。OECD(経済協力開発機構)のデータによれば、「日本人の生産性」は先進7か国で19年連続最下位、というのです。ただ、生産量÷労働時間で表される「時間生産性」ですが、生産性の基本は、製造業であれ、サービス業であれ、「人の働き方」にあり、これをチェックする必要があります。

もっとも、欧米では、日本にはない賃金制度「職務給」があり、「職能給」の日本では、職務が曖昧であるがゆえ、他人が残業していると帰りにくく、ついつい手助けしてしまうことがあります。これが「職務給」であると、自身の職務範囲が明確なため、他人が仕事をしていても残る必要はありません。ただ、チームで成果を上げようとする日本特有の働き方があります。

社員の生産性を向上させるために有効な施策は、「モチベーションを上げる」、「作業指示を名確認する」、「信頼関係を構築する」といったところでしょうか?これらすべて管理職のレベルの問題になって来ます。残業問題解決のキーマンは管理職といっても過言ではありません。個人の時間活用も大事ですが、それに加えて、チーム全体のスケジュールやプランを管理することも求められています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »