« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月21日 (土)

アイデンティティと多様性

「アイデンティティ」というのは、元はといえば心理学の用語で、日本語では「自己同一性」と訳されていますが、「アイデンティティの確立」となると、企業活動でもよく聞かれます。若者が成長過程において、自己を形成する過程で、自分らしさを確立する必要があり、「主体性」とか「個性」または「その人らしさ」に置き換えてもよいかと思います。

企業研修で「理想の上司」の条件の一つに「ぶれない上司」というのがありますが、これは、上司が主体性を持って、つねに事に当たっている場合であり、何の判断基準も持ち合わせず、部下の意見に迎合するだけで、上からの課題に右往左往する姿はいただけません。これでは、部下が、上司の意を汲んで自ら行動を起こすことはできません。

ただ、一般の人も含め、自分の「アイデンティティ」を一方的に他者に押し付ける人がいますが、これは良しとしません。相手と一緒に仕事をする場合でも、相手の意見に聞き耳をもたず、「多様性がない」と言われる所以です。日常の仕事でも、頼んだことを「聞いたふりをする」だけで、一向に実行してくれないのです。これでは、本当のアイデンティティの持ち主とは言えません。

もっとも、人の意見に左右されて、何も決められない主体性のない人も問題です。企業内研修では、「相手理解」がテーマの多くを占めています。自分が嫌われることを避けるため、相手理解だといって、みんなにいい顔をするのは結構ですが、最終的には、行動に矛盾がでてきたり、自分が苦しくなるだけです。日常の生活においても、いろいろアドバイスを得たとしても、決断をするのは自分なのです。

「アイデンティティがあって、多様性をもった人」というのは、日産自動車のカルロス・ゴーンCEOの人材育成にけるキーワードといわれています。アイデンティティだけの人、ダイバーシティを標榜する多様性だけの人は論外です。異文化を理解したうえで企業のグローバル化を推進できる人は、限られているといわれていますが、少なくても「自己の価値観」をしっかり持って、かつ「相手を認める度量」を持った人はどこでも重宝されるのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

年末年始雑感

年末・年始の世相も一昔と比べると当然ですが、少しずつ変化しているようです。最近の年末は師走の騒々しさがなく、師走の風景も変わったように感じます。ジングルベルの曲もうるさくないし、売り出しの「福引き」も以前ほど賑やかでなく静かです。5年前の東北や昨年の熊本の被災のこともあるのでしょうか、随分とおとなしくなったように思えます。

お店の飾りつけも、世の移り変わりと共に変わってきたように感じます。年末の光景で皆さんもお気づきと思いますが、イルミネーションは一時に比べ、どこも派手さを抑えた飾りつけになりました。もっともLEDの普及で、経済的な効果だけでなく、電飾自体が抑えたカラートーンになっている所為かもしれません。

それと、クリスマスケーキの街頭販売です。一昔前は、駅のコンコースなどにケーキが山積みされていましたが、いまは、年賀状の販売にとって代わっています。思うに、ケーキ自体、なにもクリスマスでなくても、ショートケーキなどいつでも食べられるわけで、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は別として、ニーズが少なくなりました。

年が明けても、街のたたずまいはほとんど変わりません。正月といっても特別な服装をしません。お寺や神社に参拝しても「晴れ着姿」の人はほとんど見かけません。それに凧揚げや羽根つきなど、昔の風物詩ともいえる伝統的な遊びは見られず、大人も子供もスマホを片手に歩いています。テレビ番組や食卓のおせち・雑煮を除いては、冬休みの中の単なる普通の一日の暮らしの風景です。

これらは、やはりコンビニが発達したことでしょうか?コンビニが年中開けていること、それに影響されてスーパーやデパートもほぼ普段通りの営業です。自販機もそうですが、コンビニも四六時中開けているところもあります。外国では、相変わらずお店は土日、祝日はお休みします。いつでも、どこでも、ほしいものが手に入る生活を望む人がなくならない限り、年末年始の「不通の一日」は続くのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »