« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月17日 (土)

今年の漢字

先日、京都の清水寺で、貫主が揮毫する「今年の漢字」に「金(きん)」が選ばれました。日本漢字能力検定協会が毎年公募して、年末に発表されているものですが、応募が一番多かったという「金」は、2000年、2012年に続き3回目で、いずれもオリンピック開催年で、世相としては、変わっていないというか、やや月並みの感があります。ちなみに2位は、米大統領選の影響か「選」で、3位は、地震などの天変地異から「変」が選ばれていたそうです。

今年は、流行語大賞の「神ってる」から「神」と思った人も多かったようですが、それをいうなら、広島カープの優勝の経緯に挙げられている「逆転の広島」の「転」ではないでしょうか?米大統領選、都知事選も「逆転」でしたし、英国のEU離脱の国民投票の結果も、メディアの世論の読み違えがあったにせよ、今までの流れとは一転した事態となったのですから、「起承転結」の「転」なのです。

「トランプ現象」に象徴された「本音が表に現れる」ことの変化は、メディアが読み切れませんでした。私たち一般市民も、メディアの報道を信じすぎているキライがあり、メディアの読み違いで「あっと驚く」結果がでると、不思議で仕方なくなります。いままでは、「本音」は違っていても表に出さないで、意思表示も「本音」を抑えたところで行動し、それが結果として「本音が出ない」で表れていました。それが集団行動となると、「本音」が表に現れるようになったのです。

このことが、日本でも今後、起こりうるかといえば、「本音」と「建前」を使い分けるわが国では、難しいのではないでしょうか?日本的価値観での違いといえばそれまでですが、例えば交渉事で、欧米では、当初から直接的な要望を出して渡り合うのに対し、わが国では、まずはお互いに建前から入って交渉の余地を残し、次いで相互の妥協点まで埋めていくことが行われます。本当は「本音」など、ないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

神ってる

先日、「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンが都内のホテルで発表されました。トップテンには年間大賞の「神ってる」、アニメの「聖地巡礼」、トランプ現象、ゲス不倫、マイナス金利、盛り土、保育園落ちた日本死ね、ポケモンGO、僕の「アモーレ」、ピコ太郎さんの「PPAP」、熊本市の「復興城主」が選ばれました。皆さんは、これらの言葉の意味がすべてお分かりでしょうか?


大賞に選ばれた「神ってる」ですが、私たち野球に興味がある世代は、広島東洋カープの鈴木選手の「神がかりな」活躍で知っているつもりですが、「流行していない流行語大賞」と揶揄する評論家もいるほど、野球などに関心がないお年寄りの方にとっては、ピンと来ない表現かも知れません。ましてや、「神がかっている」のではなく「神ってる」というからです。


もともと「カミッテル」いう新語は、Gooによる「意味を知っている今どきのギャル語ランキング」の2011年版において3位に入賞した言葉です。当時から女子校生(JC、JK)の間で使われていた造語で、「とても」と意味も使い方も同じです。「もの凄い」とでも言えばいいのでしょうか、とにかく凄いということを言いたいときに接頭語として使われていました。「マジ神ってる」は「とても凄すぎて自分には真似できない」、という意味だそうです。


今年の「新語・流行語大賞」も、「聖地巡礼」や「PPAP」など、ネット時代を象徴する言葉が多く並び、選考委員の姜尚中・東京大名誉教授は「不確実な時代を映す過激な言葉が多かった。ネット社会の増幅装置が言葉をとがったものにしている」と評されていました。昨年話題となった「壁ドン」とか「微レ存(~の可能性が微粒子レベルで存在している~?)」も同じだと思います。


一方、先月末に発表された「女子高生流行語大賞/モデルプレス」では、トップテンは、「卍(まんじ)」、「よき」、「○○まる」、「アモーレ」、「はげる」、「マ!?」、「BFF」、「ゲロ○○」、「スノる」、「○○み」でした。ちなみに「アモーレ」は一般的には恋人の意味で知られていますが、女子高生は主に「大親友」の意味で使用、同性の親友に「ありがとアモーレ」と呼びかけるのだそうです。いよいよ着いて行けないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »