« 恋と愛と | トップページ | ハロウィンで思うこと »

2016年10月22日 (土)

ドラフト会議

プロ野球では、今年も「ドラフト会議」のシーズンが到来しました。社会人、大学、高校から評判の選手を選ぶのですが、今年は、なぜか投手に「いい人材」が多いと聞いています。選び方は、ご存知のように、一巡目は12球団ともに1位指名で選択確定するまでは、重複するたびに抽選が行われます。くじを引くのは、監督さんが主ですが、当たりはずれは悲喜こもごも。2巡目以降は「ウエーバー方式」で、昨年のチーム成績の最下位順に単独指名になります。

「いい人材」と申し上げたのは、採用後の育成において、私たち企業の人材育成と同じで、計画的に、意図的に行っているからです。人が育つ条件も同じで、「本人の意欲」「育てる仕掛け」「育つための場面」がそろっていること。採用後もスカウトさんがフォローしてくれ、監督はじめコーチや先輩のお世話になります。今年、リーグ優勝した広島カープや札幌ファイターズは、この人材育成の仕方が評判になっていました。

高校生の場合は、今年の甲子園を沸かせた投手が選ばれていました。高校生にとっては、決勝戦でなくても、負けると悔し涙で、甲子園の土を持ち帰る、といった風景が映し出されます。私の息子は高校で練習が一番ハードなバスケットをやっていたのですが、それに耐えてきた彼らが甲子園で泣くのは分かるといっていました。ところが、最近では、気丈なのか、負けても泣かない子が散見されるようになりました。

ドラフト会議の前番組で、いま米国メジャーリーグで活躍するダルビッシュ有選手や、田中将大選手を映していましたが、すでにあの時から「負けても笑顔」を見せていました。いずれも決勝戦で最後のバッターになり、敗退しても、悔しさの一瞬後は「笑顔」だったのです。「気丈」というのではなく、自分は精一杯やったのだから、相手を誉めるしかない、というのでしょうか。

日本のプロ野球でも、ヤクルトの山田哲人選手も同じです。トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を2年連続達成も、履正社高校では、惜敗しても涙はありませんでした。思うに、彼らは、甲子園がゴールではなく、もっと大きな目標を持っているのだと思います。ですから、甲子園での勝ち負けは、その目標達成での通過点なのかもしれません。

|

« 恋と愛と | トップページ | ハロウィンで思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/64386997

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフト会議:

« 恋と愛と | トップページ | ハロウィンで思うこと »