« 自社の強み | トップページ | 恋と愛と »

2016年9月24日 (土)

10,000時間の法則

「人が何かに習熟して一流になるのにかかる時間」が話題になっています。かなり有名な法則になっていますので、聞いたことがある人も多いかもしれません。The New Yorker のスタッフライターであるマルコム・グラドウェル氏が提唱し始めた法則で、モーツアルトやビートルズなどのアーティストや、世界的に有名なスポーツ選手がその分野で活躍するために練習にかけた時間は「10,000時間」が一つの目安になるといいます。

こうした「10,000時間の法則」は、ビートルズが売れるようになるまでの弱小バンド時代、モーツアルトが他の作曲家の模倣でない独自性の高いコンチェルを作曲するまでの推定時間、伝説的なプログラマーのビル・ジョイがBSD Unix を書くまでにプログラミングに携わった時間などに繰り返し現れるのだそうです。何事でも、物事を始めて、あるレベルまでに到達するには10,000時間が必要だということです。

とはいえ、10,000時間というのは途方もない時間です。10,000時間の積み上げを3年、5年、10年で行おうとすると、毎日必要な時間は、3年:10,000/(3×365)≒9.1時間、5年:10,000/(5×365)≒5.4時間、10年:10,000/10×365)≒2,7時間となります。10,000時間の積み上げは、なにも10,000時間経たないと変化がないわけではなく、つねに進歩しながらの10,000時間だから、やってみる価値があります。

語学の世界では「1,000時間理論」というのもあります。周囲から認められるまでには、1,000時間をその勉強に費やす必要があるというものです。10,000時間の積み上げとは違い、1日3時間であれば1年で達成となりますが、仕事をしていて、さらに語学で大成しようと思っても、なかなかこの3時間は確保できないでしょう。しかし、自分自身で進歩を実感するには、それなりの時間を費やさなければならないのです。

語学に関しては途中で挫折する人の殆どが進歩を見られないことを理由に1,000時間の遥か手前で止めてしまいます。しかし、1,000時間という要件を満たしていないのですから、極めてシンプルですが、未達の決定的な要素といえます。皆さんもご自分の好きな分野、得意な分野について、どれだけ時間を費やしてきたのか、そしてあとどれだけ費やせばよいのか、具体的な数字にしてみてはいかがでしょうか?

|

« 自社の強み | トップページ | 恋と愛と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/64248686

この記事へのトラックバック一覧です: 10,000時間の法則:

« 自社の強み | トップページ | 恋と愛と »