« 自責のススメ | トップページ | 自社の強み »

2016年8月27日 (土)

タイムマネジメント

最近、またタイムマネジメント研修が多くなっています。「時間の使い方」とか「段取りの仕方」を含め、新人からベテランまで、階層を問わず、セミナーの開催の要望があります。確かに、人が増えない割には、仕事は増える一方で、その仕事も昔と比べて時間的に厳しいものが多くなっていますので、タイムマネジメントの重要性は高まるばかりです。

そもそもタイムマネジメントとは、「時間当たりの生産性を高める時間管理」で、目標管理、行動管理とともに、3大管理と称せられています。ただ、最近の研修は、一般的には「管理」とは言わず、「仕事を効果的、効率的に進める技術」を中心に、「仕事の進め方」とか「段取りの仕方」のように、時間活用のスキルとして教えられています。

タイムマネジメントがスキルなら、だれでも身につけようと思えば、簡単に身につきそうなのですが、実際のところは、全体展望とか優先順位の決め方に判断力が要求され、スキル以前に問われる「思考能力」が重要なポイントといわれています。「視野が広いか狭いか」「視座が高いところにおいているか」によっても変わってくるのです。

優先順位では、時間マトリクスで、重要性/緊急性でもって判断していくのですが、だれもが「重要だが緊急でない」ものは、先送りになってしまいます。どんなものがあるかといえば、「来るべき仕事の準備や計画」「人間関係の構築の具体策」「個人的な休暇、自己啓発の遂行」で、大切なものばかりです。しかし、これを常に進めることができれば、「重要で緊急」なものが減ってくるはずです。

優先順位も大切ですが、その逆の「劣後順位(後先事項)」も決めてほしいです。後先事項とは優先事項の下の方にある項目で、「やること」ではなく、「やめること」として決めることで時間を生み出します。たとえば、あなたが「自分のやりたいこと」を5つ書くとしたら、その4番目と5番目に書いたものをあきらめるのです。

絞り込みが大切ということですが、絞り込まないでいるのは、極論ですが、何もやらないのと一緒なのです。

|

« 自責のススメ | トップページ | 自社の強み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/64117004

この記事へのトラックバック一覧です: タイムマネジメント:

« 自責のススメ | トップページ | 自社の強み »