« 脱・ゆとり教育 | トップページ | なんでもOK »

2016年6月18日 (土)

「反転授業その後」

反転授業については、前に何度がお話しましたが、この教育スタイルの変革は、徐々に広がりを見せています。伝統的な「教室で講義、知識を伝達→家で復習、知識を定着」という一斉授業から、「家で動画による講義を受け、知識を習得→教室ではそれをもとに議論、発展的な課題に取り組む」順序が“反転”していますが、簡単に教材を作成したり、生徒に配布できるなど、ICT技術と進展と普及が下支えになっています。

反転授業は、もともとカーン・アカデミーなどの教材から、米国の中学校・高校で始まったのですが、日本ではどちらかというと大学や短大・専門学校で多く導入されてきています。武雄市のすべての公立小学校で、生徒全員にタブレットを配り、算数と理科の授業で反転授業を試みるという、とても心強い取り組みですが、全国的な広がりが見えないのは、いろいろ難しい面があるようです。

まずは、インフラ整備の問題で、準備が整っていないまま導入されるケースです。「世間でタブレット端末を使用している学校が増えてきたから」といっても、大学生や専門学校生に比べ、学校や家庭での環境づくりが求められます。いざiPad などのタブレットを導入したのはいいけれど、アプリの選択や購入、さらにそのソフトの発展的展開など、明確にしなければならないことが多くあります。

それに先生自身がはっきりとした目的もなく使われる場合があります。「なぜ、自分たちのクラスはタブレットを使用するのか」という質問に答えられないようでは、導入されたとしても意味あいが薄れます。反転授業の目的や「教室をより人間的にする」などのビジョンを、親御さん、生徒、他の教師に明確にしなければいけないでしょう。

一方で、先生方の主体性をいかに担保するかも大きな課題となっています。特にベテランの先生は自分なりに築いてきた授業のやり方をそれぞれ持っておられるはずで、そうした方に一律に動画を押し付け、授業の内容が縛られることがないよう願いたいです。反転授業は、現場主導のボトムアップ型で構成されてきました。ICT技術に頼るのではなく現場の意見に耳を傾け、教材のメンテナンスやカスタマイズに力を入れるべきだと思います。

|

« 脱・ゆとり教育 | トップページ | なんでもOK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/63795989

この記事へのトラックバック一覧です: 「反転授業その後」:

« 脱・ゆとり教育 | トップページ | なんでもOK »