« 桜といえば | トップページ | 相手理解は相手優先 »

2016年4月23日 (土)

人工知能と深層学習

囲碁の井山王座が史上初の七冠完全制覇を成し遂げたことは、人工知能(AI)に世界のトップ棋士が破れ、重苦しい気分が漂った囲碁界にとっては素晴らしい朗報でした。最近では公式戦24連勝という圧倒的な強さを発揮していた井山王座は、ご自身の快挙に浮かれることなく「人工知能(AI)を含め、世界には強い相手がいる」とコメントしていました。

頭脳の格闘技と言われる囲碁の世界では、中国・韓国の2強時代が続いています。もとはといえば日本のお家芸で、世界戦創設時は5連覇するほどでしたが、国策スポーツと同じく、この20年で逆転を許しました。その韓国のトップ棋士が、先月IT会社が開発した囲碁ソフトに敗れたのです。歴史的な「事件」が起きたのです。

チェスや将棋と比べ手数が圧倒的に多い囲碁では、AIがプロのレベルに達するにはまだまだ先のことだと思われていました。AIは初期ではパズルやゲームが解ける程度でしたが、その後、人がAIに情報の仕分けや判断のルールを教えるようになりました。それが、今回は「深層学習(ディープラーニング)」を利用してAIが自分でデータから関係性や特徴を割り出し考え判断するようになったのです。

ただ、対局した韓国のプロ棋士(李九段)も、勝負手を用いて一矢を報いています。囲碁ソフトは予想外の鬼手に対しては、まだまだ混乱して、悪手を連発するそうです。将棋で七冠を達成したことがある羽生名人もそうですが、他の棋士と違って、創造力に満ちた勝負手をもっています。井山王座もその点大いに期待されているところです。

もちろん私たちの想像を超えたスパコン(スーパーコンピューター)を搭載しているのでしょうが、こうした深層学習を利用して、音声や画像の認識や車の自動運転といった高度な制御や判断も実現しています。近い将来、私たちの日頃の人間関係の難しさを解き明かしてくれるコミュニケーションソフトの開発までもが可能になるのでしょうか?

|

« 桜といえば | トップページ | 相手理解は相手優先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/63525069

この記事へのトラックバック一覧です: 人工知能と深層学習:

« 桜といえば | トップページ | 相手理解は相手優先 »