« 坂道に気づく | トップページ | 東日本大震災発生の日 »

2016年2月27日 (土)

メンタルヘルス研修

優秀な人材の採用・教育の重要性が増す中、メンタルヘルス対策は、企業にとって、新たな課題となりつつありますが、対策が遅れることにより、企業は、様々なリスクを抱えることになります。その一例が、従業員のメンタルヘルス不調にともなうコスト負担のリスクです。

休職者が1人出ると、休職中の給与や社会保険料などの基本コストのほかに、休職者の職場の残業代、派遣社員の雇用費など、平時の人件費の2~3倍のコストになると試算されます。休職から職場復帰まで約1年半の職場の対応が求められます。そのために予防が大切で、ストレスチェックもその一助となります。

ただ、ストレスチェックはしたけれど、そのあとはどうするの?という質問を受けます。もちろん、その結果を踏まえた基礎研修(知識)や階層別の研修(事例)が用意されていますが、たとえば、「病気ではなさそうな人がたくさん出て来たら?」「高ストレスの人に対して何をするの?」といった単純な疑問です。

最近では、新しいケースでの問題が増えています。その一つが「新型うつ病」で、一般的には従来型のうつ病と異なり、「自分が病気であることを強調する」、「他人のせいにする傾向がある」、「週末や休日は元気」など、「休ませても症状が改善しない」とされ、多くの企業が苦慮しています。

これらの問題点を含め、研修の重点をもっと別のところに置いてほしいといった要望があり、私たちは、「管理者のためのメンタルヘルス」「一般社員向けストレスマネジメント」「ハラスメント(セクハラ・パワハラ)防止」といった基礎研修のほか、「部下の相談を共感的に聴く技術の向上」「自分の意見をうまく伝える表現力の強化」「ストレスに打ち克つ思考・行動の習得」といったコミュニケーション・スキル研修にも力を入れるようになりました。

|

« 坂道に気づく | トップページ | 東日本大震災発生の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/63269993

この記事へのトラックバック一覧です: メンタルヘルス研修:

« 坂道に気づく | トップページ | 東日本大震災発生の日 »