« メールの使い分け | トップページ | 七味、五悦、三会 »

2015年12月19日 (土)

手書きの手紙

メール万能の今の社会で、手書きのはがき、あるいは手紙とは無縁だという方も多いかもしれません。それは手書きで出さないから来ないわけで、すべて手書きにこだわる必要はありませんが、やっぱり受け取る側として印象は変わります。きれいな字もいいですが、下手な字にも味があります。その人の人となりが出ていて、私は手書きの手紙は大好きです。

暑中見舞いやクリスマスカードなど季節のご挨拶や、ちょっとしたお礼状などにも、手書きの文章を添えるようにしています。一方、こちらが、手書きのはがきや手紙を期待したところで、メールで返信される人もいます。さすがに年賀状の返信はありえませんが、お中元やお歳暮などの礼状にメールを使われる人には少しがっかりしたりします。

最近の文科省の「国語の調査」結果では、『なるべく手書きで手紙を書くようにすべきだ』と考えている人の割合は、40代以上では8年前の調査と比べて減少しています。ところが、メールを使い慣れているはずの30代以下では、『手書きにするべきだ』と考えている人の割合が大きく増えているのです。手書きを大事にしたいという方は、若い人にも意外と多いようです。

そういえば年賀状に手書きで一言添えてあるのは若い人からのものが多く、宛名も中身もプリンターの印刷だけの人は、年配の方に多いようです。個人的には、裏も表もプリンター印刷の年賀状は、いただいても何の感情もわきません。というより、ああ、このひとは手抜きをする人だ、という印象で、応答しないことにしています。

手書きのはがきや手紙には、人柄がでていて、ぬくもりがあります。せっかく上手な字をかかれるのに、返信はすべてメールの人がいます。「メールが好きですか」とそれとなく聞いてみると「メールはお金がかからず、即その場で処理できるから」といわれました。メール万能のいま、その人にとっては常識かもしれませんが、心ある人にとっては非常識です。

|

« メールの使い分け | トップページ | 七味、五悦、三会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/62898573

この記事へのトラックバック一覧です: 手書きの手紙:

« メールの使い分け | トップページ | 七味、五悦、三会 »