« 指導するということ | トップページ | 美術鑑賞 »

2015年10月31日 (土)

人物とエピソード

わがチームに「伝説の営業マン」がいる、うちの部長の武勇伝はすごいよ、などと人に自慢したくなる人物がいます。あるリーダー研修で、「みんなが憧れる人物になるには、あなたのエピソードをつくりなさい」と言われたことがありましたが、確かに、そういった人物には、伝説とも言えるエピソードが必ずといっていいほど付いて回っています。

人物をもてはやすエピソードといえば、町人文化が開けた江戸時代あたりからではないでしょうか?江戸時代の商人で大成功をおさめた人物というと、 紀伊国屋文左衛門(通称紀文)が有名ですが、実際のところ、確かな資料は少なく、生没年も実在したかどうかもわかりません。おそらくこの時代に大成功した商人の人物像をつなぎあわせて作られた、のかも知れません。

そうして生まれた、江戸の町人がはやし立てた紀文のエピソードは、上野寛永寺の用材調達で投機的に巨万の富を得たこと、吉原で奈良屋茂左衛門と大尽遊びを競った話など、豪遊伝説が残っています。奈良屋茂左衛門(通称奈良茂)というのは、日光東照宮の修築で巨富を積んだ江戸深川の材木商で、豪商として紀伊国屋文左衛門と並び称された人物です。

江戸で急に伸してきた新参者の奈良屋は、先輩の紀伊国屋に敬意を表して、挨拶代わりに「一杯のそば」を届けました。人を馬鹿にするにも程があると「たった一杯のそば」に怒り心頭の紀伊国屋は、手代を総動員して、江戸中の蕎麦屋から、奈良屋にそばを届けるよう命じました。ところが、江戸中のどの蕎麦屋も店を閉めていて、1杯すら用意できませんでした。そう、奈良屋が、江戸中の蕎麦屋を買収していたのです。

といった具合のエピソードですが、事の真偽は別として、「さもありなん」と思わせる話になっています。このほか、歴史上の人物がちょっと身近になるような面白いエピソードは、たくさんあります。判官贔屓の義経伝説など、やはり自分が好きな人物を、人に語り、共感を得ることで、人々は、その人物と同胞意識をもちたがるのでしょうか?

|

« 指導するということ | トップページ | 美術鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/62585445

この記事へのトラックバック一覧です: 人物とエピソード:

« 指導するということ | トップページ | 美術鑑賞 »