« 是非に及ばず | トップページ | 新しいプログラムの選択 »

2015年9月26日 (土)

異常気象と気象変動

このところ異常気象続きです。直近では、関東・東北豪雨があり、茨城や宮城で、堤防が氾濫し、多くの家屋が被害を蒙りました。その他、チリ中部沖で発生した地震の影響で津波が押し寄せてきたり、阿蘇山の噴火、箱根山や口永良部島の火山活動など、転変地異があちこちで起きています。

この異常気象は、日本だけでなく、米国カリフォルニア北部の洪水や英国Porthcawl の海岸の岸壁を高波が襲うなど、大雨と洪水に見舞われています。また、タイでは去年から続く少雨で旱魃の心配が予想され、インドの熱波では、2200人以上が死亡したと伝えられています。この他、世界中のあちこちで異常気象のニュースが報じられています。

世界気象機関では、「平均気温や降水量が平年より著しく偏り、その偏差が25年以上に1回しか起こらない程度の大きさの現象」を異常気象と定義しています。また、気象庁の異常気象レポートでは、「過去に経験した現象から大きく外れた現象で、人が一生の間にまれにしか経験しない(過去数十年に1回程度の頻度で発生した)現象」としています。

これに関して、異常気象の『異常さ』が薄れていくこと、あるいは長期的な気候変化により学問的な異常気象の定義が少しずつ変わっていくことで、警戒心が薄れたり、気付かないうちに気候が変化していたりするのではないか、という声もあります。異常気象というのは、通常でない状態をいうのでしょうが、このように、日常的に起こるとするなら、これはもう「異常気象」でなく、世の中は、すでに「気象変動」を起こしているのかも知れません。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、気候変動は人間の活動によって引き起こされている可能性が「95%」に上るとの報告書をまとめていて、それによると「現状のまま、あるいはこれ以上のペースで温室効果ガスの濃度が上がり続ければ、全世界の気候システムに過去数百~数千年で例がないほどの変化が起き、それが何世紀も先まで残ることが考えられる。」としています。

|

« 是非に及ばず | トップページ | 新しいプログラムの選択 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/62357334

この記事へのトラックバック一覧です: 異常気象と気象変動:

« 是非に及ばず | トップページ | 新しいプログラムの選択 »