« 消せるボールペン型? | トップページ | 何となくたるんでる? »

2015年8月29日 (土)

○○女子

よく女性のタイプを「○○女子」などと表現します。最近では、「カープ女子」、「サブカル女子」、土木業界で働く「ドボジョ」など、こうした表現が増え続けています。「男子・女子」という表現は、成人に用いられる「男性・女性」とくらべ、もともと子供や学生の方に使われる場合が多かったのですが、いまでは、どちらも年令に区別なく使われているようです。

私たちは、普段は大まかな意味で何となく使っていますが、「女子と女性の違い」について、いざ細かい定義を聞かれると、その境界線があいまいで、答えに困ります。「アットホームVOX」が2015年1月に実施したアンケート(インターネットリサーチ)では、一般的に「男子・女子」と呼べる年令は20代前半、ちなみに「おじさん・おばさん」は40代前後、だそうです。

ただ、回答者の内訳では、女性より男性に方が、その境界線を引く年齢が2~3歳低かったとのこと。これは、自らがいつまでも若さを保ちたいと願う女性の気持ちに比べ、厳しい社会をくぐり抜けてきた男性は、年齢をシビアに見ているのかもしれません。事実「女子会」を「痛い」という男性に比べ、制限のゆるい女性は、「おばさん」年齢を「アラフォー」に置き換えてエンジョイする意識の差が「女子力」にも現われているように思います。

外国では、女子は「Girls」、女性は「Women」として区別されていますが、「Elite Daily」に掲載された記事では、少女っぽい言動をするのが「Girls」で、おとなの言動をとるのが「Women」としています。たとえば、「GirlsはゴシップをTVで見るが、Womenは記事で読む」「Girlsはサラダを食べるが、Womenは何だって必要なものを食べる」「Girlsは雑ネタを話すが、Womenは楽しく会話を維持する方法を知っている」など10項目ありました。

これらは、ちょっと誇張された表現になっていますが、あくまで「言動の違い」で捉えたもので、決して年齢で境界線を引いているものではありません。Womenだって、Girlsっぽい言動をする人は「Girls」であり、GirlsだってWomenっぽい言動ができる人は「Women」なのです。従って、「女子」と「女性」に、年齢的な境界線はなく、それぞれの言動と捉えるのが正しいということでしょう。

|

« 消せるボールペン型? | トップページ | 何となくたるんでる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/62177436

この記事へのトラックバック一覧です: ○○女子:

« 消せるボールペン型? | トップページ | 何となくたるんでる? »