« 態度の類似性 | トップページ | 後輩指導の課題 »

2015年7月25日 (土)

チームとしての人材育成プラン

今年から新しい取り組みとして、全社的に「人材育成」をテーマで、主だったリーダークラスに、職場での後輩指導の仕組みを推し進めることになりました。というのは、いままで新人に対する職場指導は、チューターをつけることで、1年間を目処にOJT研修を実施してきましたが、チューターの上司を巻き込んでの職場指導が十分に行えていなかったためです。

新人の職場指導は、ここ数年、先輩に指導を受けた新卒社員が、翌年、新しく入社してくる新人に対しチューターを務めることで、ほぼ、その仕組みが整ってきました。通常、新人とチューターは1対1ですが、チューターのOJT研修には、今後、採用が増えると思われる部署からも、その他にサブとして、1名余分に受講してもらい、事前準備をしてきたことも良かったようです。

ただ、いままでチューターの経験のないリーダークラスを集めて、新人のチューターに対する理解を深める研修となると、結構、難しいものがあります。特にリーダークラスの人は、チームをまとめ、与えられた目標に向かい、それなりに仕事ができる人で、その分、人材育成も仕事を通じて行ってきたという、強い自負があります。しかしながら、それは、チーム全体に言えても、ここに対する目配りができていたとは限らないといえます。

それが証拠に、職場全体の人材育成プランを書かせると、個々人に対して、具体的なプランでなく、「何を、いつまでに」といった数値目標が入っていないのです。それは、彼らがチームのメンバーを指導してきたといっても、こと人材育成においては、その場その場の指導で、はっきりいって「行き当たりばったり」の指導で、事前に「計画性をもった」育成プランにもとづいた指導ではなかったからです。

売上目標とか、業務におけるチームの目指す具体的な数字には、こだわりをもって、チームを引き上げてくれてはいるのですが、こと人材育成となると、同じことができていないのです。
もちらん、悪いのは彼らでだけでなく、私たち人材開発の担当部署が、その仕組みづくりを怠ってきたことにも大きな要因があると思われます。これからは、「業務」と「育成」を分けて、このような研修の機会を多く設けていくことになるでしょう。

|

« 態度の類似性 | トップページ | 後輩指導の課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/61953776

この記事へのトラックバック一覧です: チームとしての人材育成プラン:

« 態度の類似性 | トップページ | 後輩指導の課題 »