« マズローの欲求5段階説 | トップページ | 得意淡然、失意泰然 »

2015年6月27日 (土)

IQよりEQ

人事の評価は、「人」と「事」の双方からなされます。「仕事はできるけれど、仲間と一緒に働くのは苦手」という人が、あなたの周りにもおられるのではないでしょうか?ご本人は、企業の「人材」としては申し分がないのですが、「人物」としては、いまいち、評価が得られないタイプです。最近では、「頭のよさ(IQ)」より「心の知能指数(EQ)」に課題ある人が多いといわれています。

EQとは、自分の感情を把握してコントロールしたり、他者の感情を理解、共感したりできる能力ですが、IQの高さと社会的な成功との相関関係を調査するなかで、成功を収めている人に共通する特性としてEQが注目を集めたというわけです。EQを鍛えてコミュニケーションなど対人能力を高めるための研修を導入する企業は日本でも増えています。新卒採用でも適性検査に用いる企業もあるようです。

EQテストでは、自己認識力(自分の感情を自分でわかる力)、ストレス共生(怒りや不安などを自分で鎮める力)、気力総出力(肯定的な情動を自分の中に作り出し、維持する力)、アサーション(自分の意見や判断を率直に伝える力)、自己表現力(喜びや怒りを適切に表現する力)、対人関係力(人間関係のトラブルに冷静に解決策を見出す力)、対人受容力(相手の感情状態を理解し、受け入れる力)、共感力(相手の感情を我が事のように感じ取る力)の8つの能力が試されます。

「人材より人物」といっても、今の日本は自ら商売をしている人が1割程度である社会に変わってきていることからみても、事業を興す場面を目の当たりにすることが少なくなっています。その結果、企業人のビジネス観が「商売をする」というのではなく、「会社で働く」という意識が強くなっているきらいがあり、「人材」の中からの「人物」の排出が難しくなっています。

企業の規模が大きくなると分業が進み、働く人は自部門の、更には個人の目標達成に焦点が当てられるため、どうしても全社的な視点でビジネスを捉えることが少なくなっています。「今ある役割をこねせればよい」という意識が強くなり、経営を担う一員であることの責任感が薄くなりがちです。そうした考えを防ぐには、これらEQの8つの能力を高めると同時に、今一度、働く人たちが経営を担う一員であるとの意識づけが必要だといわれています。

|

« マズローの欲求5段階説 | トップページ | 得意淡然、失意泰然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/61801256

この記事へのトラックバック一覧です: IQよりEQ:

« マズローの欲求5段階説 | トップページ | 得意淡然、失意泰然 »