« アサーション・トレーニング2 | トップページ | 物を捨てる難しさ »

2015年5月30日 (土)

今日する仕事は?

先日、「賢人」作家の松本幸夫先生の講演を拝聴する機会がありました。演題は、確か、「時間活用と仕事術」だったと思いますが、執筆活動の合間を縫って、研修や講演を積極的にこなしておられる先生の実体験からくるタイムマネジメントのあり方は、興味深いものがありました。講演といっても、一般的な座学ではなく、隣の人や前後の人とのワークを入れてあり、楽しく勉強させていただきました。

中でも「カミナリ療法」という、何気なく日々を送っている私たちにとって、目標設定の重要さを気づかせるワークがありました。「2週間以内にカミナリに打たれて命がなくなるとしたら、これからどうするか」をじっくりと考えて書き出してみることでした。時間管理のコンサルタントであるアラン・ラーキンの提唱した方法だそうですが、これは、普通あまり考えないことで、人生において何を大切に思うか、私たちの「価値観」を知るためのテストにもなりました。

それと、優先順位の付け方のところでは、「アイビー・リーの25,000ドルのアイデア」を紹介されていました。これは、ネットやブログで検索できますので詳しくは説明しませんが、要は、「明日、しなければならない仕事」をリストアップして、翌日、それだけを実行することで、仕事の生産性を向上させることができる、というものです。

私が、外資系の大手企業に勤めていたときの話ですが、ヨーロッパ本社からトップの人が来て、日本法人の私たちマネージャーが集められた会議で、「皆さんは、今日する仕事として、何をリストアップしましたか?」「皆さんが、今日する仕事は、自分がこの仕事をしなければ会社が維持できない、というものだけを考え、それを実行しなさい!」といわれたのを今でも覚えています。

スティーブ・ジョブズの名言といわれる言葉の中に「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」というのがあります。「世の中にないもので、人が喜ぶものを生み出す」という信念に、彼は日々、向き合っていた言葉かもしれません。

|

« アサーション・トレーニング2 | トップページ | 物を捨てる難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/61668087

この記事へのトラックバック一覧です: 今日する仕事は?:

« アサーション・トレーニング2 | トップページ | 物を捨てる難しさ »