« 座席わらし | トップページ | アサーション・トレーニング »

2015年4月25日 (土)

困ったチャン

「困ったチャン」は、俗語で、「自分勝手な発言や行動で人をうんざりさせているのに、自分では気づいていない人」を意味しますが、この「困ったチャン」は、どの会社にも、あるいは、どのチームにもいるものです。「笑うしかない、空気を読まなさすぎる人」といっても、ご本人にとっては、空気は読むものではない、と思っているのかも知れません。

仕事上では、「困ったチャン」は、仕事でミスばかりする人や周りの人の気分を害するような言動を平気でする人など、無神経な人のことですが、認知心理学の専門家によると、家庭環境でのコミュニケーション不足による前頭葉の未発達が指摘され、「自分を客観視できない」「他人の立場に立って考えられない」「自分の欲求をコントロールできない」といった症状が主なものだそうです。

職場における人間行動や組織の諸問題について実質的な観点から心理学の方法で研究しようとする「産業・組織心理学」でも、対価がなくても組織に為に自主的に行うとされる「組織市民行動」と共に、最近では「組織報復行動」の研究が展開されています。これは、まさに組織の目的や方向性、あるいは規範に反する行動を指しています。

具体的には「プライドの高いベテラン」「権威主義的な上司」「なんでも丸投げで当事者意識ゼロの人」など、いくつかのタイプに分け、そのタイプ毎の「心理的背景」や「対処法」について記述しています。でも、一番困るのは、「プライドが高く、エゴが強い人」ではないでしょうか?仕事というものは、エゴやプライドによって、相手の立場を忘れてしまうと失敗するものです。

仕事だけでなく、プライベートの集団にも、このような「困ったチャン」はいます。私の所属するボランティア団体の総会の時でした。議事進行中に役員(女性)の方が、進行に割って入り、議事内容に批判ばかりするのです。役員でありながら、「賛成できません」「その数字には納得できません」などと、厳しく批判するのです。時間延長もお構いなしでした。

あとで、聞いた話ですが、その方は、政府関連の組織にいて現役なのですが、一人で仕事する部署に置かれているのだそうです。毎月の役員会でも、一人でしゃべりまくり、鬱憤を晴らしているようです。結局、自分が如何に優れているか、誇示したいのでしょうか?

|

« 座席わらし | トップページ | アサーション・トレーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/61491097

この記事へのトラックバック一覧です: 困ったチャン:

« 座席わらし | トップページ | アサーション・トレーニング »