« プレゼンテーションのスキル | トップページ | 公開講座の最小催行人数 »

2015年2月28日 (土)

ひとことで言うと

ひとことで言うと、というのは、相手の理解を深めるために、話の要旨をまとめて伝える表現手法ですが、この「ひとこと」だけでは、文章が成り立ちません。大抵の場合、あらかた話をしたうえで、「かいつまんで言うが」とか、「詰まるところ」や「シンプルに表すと」という言葉で結びます。

プレゼンテーション研修では、この「ひとこと」が先に来ます。要は、何を言いたいのか、何をして欲しいのか、目的を先に提示して、あとは、その理由や具体的な根拠を述べていきます。もちろんスライドを使って行う場合も、おのおののスライドには、メッセージがあり、たいていスライドの上部に、一行でタイトルを入れます。

ロジカルコミュニケーション研修でも、論理的な話の組立て方として、結論~理由~具体例で構成して、最後に、もう一度、結論に戻り、念押しをします。確かに研修においては、この手法を参加者のほとんどが理解し、文言の構成では、ちゃんとできて、問題なく習得したように思えるのです。

ただ、これらは、飽くまで研修の場においてのことであり、現場に戻っても使えているかといえば、そうではないことが多いと聞きます。理由は、日常の会話では、「ひとことで言うと」や「一行で表すと」といった習慣がないからだと思います。メールする場合、要件(Re:)の欄で、一行で、本文の内容をまとめた標題になっているでしょうか?

私が師事しているイラストの先生からは、いつも「キーメッセージは何なのか」と問われます。ポスターであれ、グリーティングカードであれ、一枚に描く絵には、ストーリーが求められます。見る人に「何を伝えたいのか」、言いたいことを絞り込んで、そのうえで、キーメッセージをあぶり出すのです。

最近は、少しずつですが、「ひとことで言うと」や「一行で表すと」を、考えるようにしています。業務で使うプレゼンやメールの送信、報告書や提案書、使えるところが、いくらでも有るように思えます。

|

« プレゼンテーションのスキル | トップページ | 公開講座の最小催行人数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/61207124

この記事へのトラックバック一覧です: ひとことで言うと:

« プレゼンテーションのスキル | トップページ | 公開講座の最小催行人数 »