« ありがた迷惑 | トップページ | 2020年 »

2014年12月20日 (土)

講師の見分け方

先日、お世話になっている営業関連の研修講師の方と個人的にお話する機会がありました。
といっても、やはり、仕事の延長線での話に終始したのですが、研修に対する考え方で、講師の方の本音を聞けて良かったです。特に「講師の見分け方」については、貴重な意見をいただきました。

まず、講師プロフィールについてですが、研修実績で、年間300回といった表現をされている方もいらっしゃるそうですが、実際、その回数は可能なのかどうか、ということです。年末年始やお盆休み、祝祭日、土日を差っ引けば、毎日登壇したとしても、年間で230日くらいが精一杯ではないでしょうか?

それでも、個々の研修に当たって、準備することは何もないのでしょうか?同じプログラムで公開セミナーだけに登壇するのならまだしも、カスタマイズを要求される企業内セミナーは、いっさいお受けになっていないのでしょうか?講師の方は、時代の動きに敏感と聞いておりますが、それでは、ご自分が勉強される時間は確保できているのでしょうか?

講師の方は、専門的なバックグラウンドが必要とされますが、中には、リーダーシップ、マネジメント、ビジネススキル等々、幅広く対応可能と書かれたプロフィールもあります。きょうお話していただいた営業の先生のように、研修ニーズを充当させるために、「営業研修だけしかやらない」という考え方に、むしろ賛同を覚えます。

もちろん、営業やマーケティング、プロジェクトマネジメントでも、その中でのリーダーシップ、マネジメント、コミュニケーション等々は、カバーされる分野ですが、逆に、リーダーシップの専門家、マネジメントの専門家が、ネゴシエーションを単独で教えたりすることはありえないのではないでしょうか?

何でも出来るとおっしゃる講師の方にお伺いしたのですが、あなたが自信をもっておられる専門分野はいったい何なのでしょうか?

|

« ありがた迷惑 | トップページ | 2020年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/60839473

この記事へのトラックバック一覧です: 講師の見分け方:

« ありがた迷惑 | トップページ | 2020年 »