« オープンとクローズの違い | トップページ | いろはかるた »

2014年11月29日 (土)

高倉健さんのこと

国民的映画俳優、高倉健さんが亡くなりました。ニュースが流れてから、もう2週間以上、テレビ等、毎日のように追悼番組が続いています。いままで、大物の俳優さんが亡くなっても、これほど、特番の続くケースはなかったように思います。確かに、彼が嫌いという人がいないといわれるほど、人気があり、心に残る人物はいなかったように思います。

ご承知のとおり、健さんは、東映入社時は、俳優に向かないと言われたことで、その反骨心から、努力を重ね、「日本任侠伝」や「昭和残侠伝」のシリーズをはじめ、「幸福の黄色いハンカチ」「八甲田山」「南極物語」「鉄道員(ぽっぽや)」「ほたる」「あなたへ」など、半世紀以上にわたり活躍、文化勲章はじめ、日本アカデミーなど、数々の賞を取る、日本を代表する映画スターに上り詰めました。

人に愛され続ける人物として、私たちの人材育成に関わる者の立場から、彼のもつ人格を顧みたいと思いました。まずは、彼は、どの映画の役についても、その人物に成りきって演じていたことです。その成りきり方が半端じゃなかったから、任侠ものにしても、止むに止まれぬ事情から、全てを投げ打つ人物に共感を覚えたのかもしれません。

新卒社員が社会人として通用するのも、新任のマネージャーが管理職として認められるのも、本人が、個人的人格でなく、役割的人格が果たせた時だといわれるように、与えられた職務の役割を、無意識に演じきることができるか、にかかっています。自分が置かれた立場をわきまえず、会社がこうだからダメだとか、当事者意識のない人には、だれも付いてきません。

昔に出演したCMのセリフ「不器用ですから」は、彼のもつ無骨な男のイメージを表す一言として有名ですが、人一倍、謙虚なところも尊敬されていて、撮影中は、他の人に悪いからと、椅子に腰掛けないとか、周りの人への気遣いを怠らない人だったようです。その一方、茶目っ気もあり、銀座で車をとめていたら、酔っ払いがタクシーと間違えて乗り込んで来ても、そのまま載せて走ったというエピソードもあるくらいです。

また、撮影の合間にいつも身体を動かしていたりして、健康にも気を使っていたことでも有名です。どんなに、好奇心があって、積極性があって、探求力に優れていても、健康でなければ、チームを引っ張っていけないことと同様、健康への努力を怠らなかったからこそ、年輪を重ねるごとに、いい役柄を演じつづけることができたのではないでしょうか?

|

« オープンとクローズの違い | トップページ | いろはかるた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/60731702

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健さんのこと:

« オープンとクローズの違い | トップページ | いろはかるた »