« 質問力を上げる | トップページ | マイナスの評価 »

2014年10月25日 (土)

たたき台

辞書では、「たたき台」というと「批判・検討などを加えて、よりよい案を得るための原案」ということですが、語源としては、加治屋さんが金属を熱して叩いて成形する際に乗せる、「打ち叩く為の台」のことを指しているのだそうです。何かの案などを作るときに、ゼロから作るにしては漠然としすぎていますから、その原案となる「たたき台」を作成し、それを元に変更しながら完成形を作っていくためのもの、ということでしょう。

なのに、企画書などで、「これはまだ、たき台ですが」といって、あまりにも未完成な企画書を出してくる人がいます。本来、ほぼ完成に近い状態の企画書をもとに検討して、さらに良くなるように議論して、内容を詰めていくのが「たたき台」のはずですが、あまりにも完成度が低いものだと、たたき台にすらなりません。ご本人は、「たたき台」の意味を取り違えているのか、作成の覚悟がないのか、手抜きをしているのか、いずれかだと思われても仕方ありません。

時として、上司から依頼された企画書は、事前に、その目的や背景になるものを、よく確認しておく必要があります。それでも、すり合わせが出来ていない部分があり、相手の求めるものが、これで正しいか、途中で確認することもありです。とは言っても、完成度の高いものでないと、相手もイメージが湧いてこないので、いい加減な状態では、確認の役目を果たす内容とは言い難いと思います。

「たたき台」は皆に意見を出して「叩いてもらう」ための案、と言う事なので、作成したサンプルが、たくさんの人に指摘・修正されて、跡形もなく打ち崩れていく場合もあります。作成した側としては、ちょっと悲しいものがあるというので、作成慣れした人は、自分がベストとするところよりも、ちょっと視点の違う、レベルの低いところを内容によっては提出したりします。

しかし、それでは、「たたき台」の意味がありません。自分の考えがベストというのであれば、なにも討議して、検討をしてもらう必要がありません。考えに考え抜いて、完成度を高めた企画書が、たくさんの人に指摘・修正されるということは、自分の原案が、更に高いレベルのものに仕上がるということで、喜ばしいことであり、ありがたく思うべきだと思います。

|

« 質問力を上げる | トップページ | マイナスの評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/60540868

この記事へのトラックバック一覧です: たたき台:

« 質問力を上げる | トップページ | マイナスの評価 »