« インタビュー力 | トップページ | ワークの時間 »

2014年8月30日 (土)

タイトルをつける習慣

「伝える」と「伝わる」の違いは、私たちのコミュニケーション研修で、よく出てきます。ご存知のとおり、「伝える」というのは、自分から見た場合のことで、「伝わる」というのは、相手から見た場合のことなのです。しかし、「伝わる」と思っていても、なかなか「伝わらない」のが現状で、いつもコミュニケーションの難しさを感じています。

コミュニケーションで大切なことは、自分が相手に「何を言いたいのか」「どうしてもらいたいのか」、自分自身が分かっている、ということです。先ほどの研修で、講師の先生が、面白いことを言っていました。それは、相手に話す前に、自分が話したい内容を「一言でいえば、何なのか」タイトルをつけてみると、分かりやすいというのです。

プレゼンテーションの研修でも、分かりやすい説明にするには、「1スライド、1メッセージ」が、よいとされています。スライド作成の演習では、スライドごとに「タイトルをつける」ことを考えながら進めていきます。こうすることで、「1スライド、1メッセージ」が可能になるのですが、そのスライドの内容を「一言でいえば、何なのか」といわれると結構、考えなければなりません。

報・連・相の場合もそうです。報告するのに、いかに論理的に作成されている報告書も、要は、何が言いたいのか、よくわからない場合があります。連絡もそうですが、ただ伝えておけばいい、というのであれば、目的のない報告となります。相談ごとは、特に、相談相手に対し、「何を言いたいのか、どうしてもらいのか」をはっきりさせておかないと、相談の意味がありません。

要は、「一言でいうと」ということができないと、逆に「何をいっているのか」「どうしてもらいたいのか」の目的が伝わらないのです。ですから日頃、話す内容であれ、報告・連絡・相談であれ、プレゼンテーションであれ、あらゆる機会に、いつも「タイトルをつける」ことを、まず考えてから、行動に移すことを、習慣づけたいものです。このブログ内容も、「タイトルをつける習慣」にしました。

|

« インタビュー力 | トップページ | ワークの時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/60231745

この記事へのトラックバック一覧です: タイトルをつける習慣:

« インタビュー力 | トップページ | ワークの時間 »