« 宇宙飛行士コマンダー | トップページ | 反転授業2 »

2014年5月31日 (土)

伝える?

日頃お世話になっているベンダーさんからのご招待で、元クロックス日本支社長の森平茂生さんの講演会に行ってきました。あのユニークなサンダルがブームを呼び、ゼロから100億円企業に育て上げた人で、現在は新商品を育成するプロとして、海外の「ケルトビール」や健康器具「バックジョイ」の日本市場への導入を手掛けておられます。

きょうのテーマは、彼の著書のタイルと同じ「ガムシャラ仕事術」で、ブランドマーケティングの発想を基礎とし、自社の商品に誇りを持ってお客様にお伝えし、共感し、継続できる人間関係作りをしよう、というお話をされていました。常にお客様、社員の方とともにあるという姿勢は、私自身も学ぶところが多くありました。

中でも、印象に残ったのは、彼の「伝える」という意味の説明でした。彼の「伝える」には、5ステップがあり、「1.理解してもらう」→「2.意識を変える」→「3.行動に移してもらう」→「4.結果を出してもらう」→「5.連鎖をさせる」までやって、初めて「伝えた」ことになるというクダリです。

いま売り出し中の若手プレンテーターの山本直人さんの「プレゼンテーション」もそうです。プレゼンテーションの目的は、報告型であれ、説明型であれ、提案型であれ、相手を納得させ、動かすこと」といいます。この両者の「伝える」ことで、共通しているのは、「伝える」=「伝わる」だけにとどまらず、「行動を促して、結果を出させること」にあります。

多くの講師の方は、プレゼンテーションとは、「聞き手に知らせること」を「分かりやすい形で伝え」「聴き手に理解、納得してもらうこと」として、研修をしていただきますが、それでは、一方的なプレゼンテーションといわれかねません。やはり、その過程で、「聴き手が知りたいこと」、「聴き手を動かすこと」が抜け落ちていることを忘れないでほしいです。

|

« 宇宙飛行士コマンダー | トップページ | 反転授業2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/59734888

この記事へのトラックバック一覧です: 伝える?:

« 宇宙飛行士コマンダー | トップページ | 反転授業2 »