« 講師の若返り | トップページ | ゴールデンウイーク »

2014年4月26日 (土)

受講態度のレベルアップ

最近、研修での参加者を見ていると、選抜であれ、公募であれ、受講生のレベルが上がってきたように思います。その理由は、昔と違い、参加者が大卒や社会人が多くなっていることもありますし、提供する研修プログラムが、年々改良を加えてきているものの、コンテンツ自体は変わっていないからで、受講生のレベルを意識するなら改善の余地があります。

受講態度でいえば、このところ講師の先生の所感は、どれも受講者の皆さんは、積極的で、前向きと書いてこられるのが多くなりました。特に若い人は、知識であれ、実践であれ、学習意欲が高いように見受けられます。やはり、何事も吸収して、早く一人前になることを目指しているのでしょう。メモを熱心に取り、個別の質問もあり、活気があります。

一方、受講生は変化してきているのに、それを意識しないで、相変わらず、古いコンテンツで、古い教え方だと、受講生は、飽きてくるのではないでしょうか?型にはまった知識の提供で、あとは演習を強要するだけでは、メモも取らず、質問も出ません。講師の先生にしてみれば、自分は長年、このプログラムを提供して来ているのだし、それなりの評価を受けてきていて、何が問題なのか、お分かりになっていないこともあります。

そう、受講生の研修参加の目的は、自分の課題を見つけることであり、それには、質問のレベルも上げなければなりません。わからないことを質問するのは、当たり前のことで、高い質問のレベルは、自分の状況に当てはめて、具体的に質問することです。メモすることも、テキストにないものを補足して書き足すことから、一歩進めて、自分が気づいたことを書き留めるのが、質の高いメモのレベルではないでしょうか。

一般的に、講師の条件としては、伝達力、表現力など熟練しているか、専門分野に明るいか、
世の中の動きを勉強しているか、受講生の潜在能力を引き出せるか、ゆとり教育世代にも対応できるか、などです。それが、いまや、その条件もレベルアップして、いかに受講生が課題をみつけて、業務に活かしてもらうことができるか、です。分かりやすく説明するだけでは、不十分なのです。

|

« 講師の若返り | トップページ | ゴールデンウイーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/59532627

この記事へのトラックバック一覧です: 受講態度のレベルアップ:

« 講師の若返り | トップページ | ゴールデンウイーク »