« タワーゲーム2 | トップページ | 今年の新人は自動ブレーキ型? »

2014年3月29日 (土)

年下上司と年上部下

ここ数年、65歳までの定年延長とセットで役職定年制度を導入する企業が増えたこともあり、年上の部下を持つ管理職が多くなってきました。また、経済の成熟化やグローバル競争激化で、企業としては、限られたポストを、年齢に関係なく与え、組織の若返りを図ろうとするため、いまや、30代半ばの上司と40代の年上部下というケースも増えています。年上の部下は上司より人生経験を重ねてきた年長者、年の功による上下関係が成立しないのです。

「年齢なんて関係ない」と言い切れれば世話はないのですが、私たちが担当している新任管理職向けの研修でも、「年上の部下にどう接したらよいか」と聞かれることがよくあります。特に初めて持つ部下が年上の場合は、正直なところ、やりにくいようです。モチベーションは下がっていないか、職場に会社への不満を持ちこまないか、指示に従ってくれるだろうか、などです。

一方、年上の部下からすると、年下の上司に対して、自分の経験を否定するような言い方さえなければ、さほど、難しく考えていない方が多いようです。むしろ、変に気を使わず自然に接してほしいというのです。指示は遠慮気味でなく、明確に伝えてほしい、というのです。ただ、これまでの努力と軌跡を振り返るとき、プライドだけは持ち続けたいのは当たり前でしょう。
ですから、どちらかというと、年下上司の年上部下への接し方次第だと思います。変に気を遣うのではなく、人生の先輩として敬意を持って当たり、自分の不得手なことなど、素直に教えを乞う度量があれば、相手を認めることになり、相手のプライドも傷つけることもありません。管理職として指示する、注意するといった役割は、言い方さえ間違わなければ、果たせるはずです。

ところが、先輩にこのようなことは言えないとか、間違ったことをしても注意ができない、というなら、それは上司としての「役割的人格」を全うしていないのです。自分の優しさや厳しさといった個人的な性格でことに当たるなら、管理職になり切っていない、単なる「個人的人格」で仕事をしていることになります。これは、相手が年下であろうが、年上であろうが同じことで、割り切って役割に徹することが求められます。

|

« タワーゲーム2 | トップページ | 今年の新人は自動ブレーキ型? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/59374334

この記事へのトラックバック一覧です: 年下上司と年上部下:

« タワーゲーム2 | トップページ | 今年の新人は自動ブレーキ型? »