« 研修の実施時期 | トップページ | タワーゲーム »

2014年2月22日 (土)

オリンピックの過熱報道

ソチのオリンピックはまもなく終了しますが、毎度のことながら、オリンピックのマスコミ報道の過熱ぶりは困ったものです。テレビなどは、どの局も同じような場面を、何度も何度も報道します。おかしいと思うのは、参加する他国の選手たちの厳しい練習ぶりや動向など調べもしないで、自国の選手だけを持ち上げ、事前にメダル確実とか、勝手に報道していることです。

挙句の果てには、メダルを取れなかった女子選手には、「マスコミの過剰報道のプレッシャーにつぶされたので可愛そう」といって同情を煽る始末です。確かに、オリンピックは4年に1度の大会で、年に何度もチャンスがあるワールドカップと違い、今回限りという思いもあるのでしょう。でも、それでもメダルを取る人がいるのは、どこが違うのでしょうか?

他方、「マスコミの過熱報道は当たり前で、選手はそのくらいの報道を覚悟してほしい」という意見もあります。実際オリンピック選手に選ばれたあとは、早くから現地入りしていて、インタビューや練習の撮影は禁止されています。それに海外遠征や合宿で放送をみる時間もないようで「マスコミ報道は負担にならない」というのです。そもそもオリンピックを目指したのは、子供のころに見た報道がきっかけだったはずで、当たり前のことなのかも知れません。

それにしても、欧州サッカーリーグ、野球のメジャーリーグなど、自国のスポーツ選手ばかりを過熱報道する国は、日本、韓国、中国、北朝鮮だけらしく、国際的な権威やブランドに弱い割には、実際に他国のだれが優勝しようと負けようと大した興味はないのです。欧米諸国では、「実際、ほとんどの人にとっては、家族や知り合いが出ているわけではないので、試合をみていて、そんなに興奮しない」というので、大部分の聴衆者は結構クールに見ているのです。

現に私の知り合いがアメリカに留学しいていて、その友達が、急に「明日からにオリンピックに行く」というまで、そのことを知らなかったというのです。マスコミの過熱報道も問題ですが、情報の受け手としての私たちが、普段はグローバルなどと言っているくせに、そんな過熱報道に疑問を感じないのは、国際感覚が、まだまだ養われていない証拠なのでしょうか?

|

« 研修の実施時期 | トップページ | タワーゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/59178161

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックの過熱報道:

« 研修の実施時期 | トップページ | タワーゲーム »