« ブラック企業 | トップページ | グローバル人材 »

2013年12月14日 (土)

NLPのサンタさん

きのうお世話になっているベンダーさんから「いままでと違ったNLPのアプローチ」があるというので、その勉強会に参加してきました。正直、NLPの切り口での研修は、いままで何度も受けてきましたので、どうせ、同じようなスキルをご披露されるのだろうと、あまり期待してはいませんでした。

講師の先生は、木下山多(きのしたさんた)さんとおっしゃって、元三井物産の商社マンで、現在、中学校で英語を教えられているという、ちょっと変わった経歴の持ち主ですが、勉強会が始まると、参加者全員が、とてもスムーズに話に入っていける安心感があり、まさにNLPの実践者といった感がありました。

いままで私が受講したNLPというのは、どちらかというと、相手に対して自分が優位に立つためのスキル、たとえば、相手の目の動きを見て、相手がいまどのような状態にあるか判断して、商品やサービスを買っていただく、といった内容のものが多かったように思います。しかし、木下さんのNLPは、違っていました。

「あらゆるコミュニケーションにおいて最も大切なものの一つが、相手の「無意識」の領域に届けるメッセージである」とういのが、基本的な考え方で、むしろ、ペーシングなどの「ラポール」のスキルを使うことよりも、自分自身の「状態管理」が重要で、これにより相手に受け入れられるかどうかが決まるというのです。

人間は誰しも「相手に合わせたい、合わせてもらいたい」という願望があるのは、とりもなおさず「安心、安全」を求めているから、というのは、とても説得力がありました。先生の名前は「山多(さんた)さん」なのですが、この年末のクリスマスシーズンに、いいプレゼントをもらったような気がします。さまに「NLPのサンタさん」でした。

|

« ブラック企業 | トップページ | グローバル人材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/58753550

この記事へのトラックバック一覧です: NLPのサンタさん:

« ブラック企業 | トップページ | グローバル人材 »