« ワーク・モチベーション | トップページ | ブラック企業 »

2013年11月30日 (土)

おもてなし

今回の東京五輪招致成功の決め手は、滝川クリステルさんの最終プレゼンにあったという見方が多いようです。話題になった「おもてなし」という言葉は、私たち日常ではあまり使わなかったはずでしたが、このところ商品やサービス関連の広告に、やたらと「おもてなし」という文字が登場するようになりました。

皆さんは、「おもてなし」という言葉の本当の意味をご存知でしょうか?「おもてなし」とは、「もてなし」に丁寧語の「お」をつけた言葉ですが、辞書によると、「もてなし」とは、「お客様に対する扱い」「お客様に出すご馳走」「人や物事に対する振る舞い方」「物事に対する取り計らい」とありますが、相手に気づかれようが気づかれまいが、これらにベストを尽くすことでしょうか?

よく「おもてなし」の実例として、京都の老舗旅館のことが引き合いに出されます。それは、お迎えからお見送りの作法であったり、好みに合わせた料理であったり、頼んだことに対する返答であったりします。すべて相手に対する心遣いで、女将さんから仲居さんまで全員が、見えないところで、一人ひとりのお客様に心配りしているからこそ、できることなのでしょう。

「おもてなし」の心は、千利休の茶道における「もてなしの教え(利休七則)」から学ぶこともできます。「相客に心せよ」など7つの教えから、「主人は万全を期して客人のために準備し、心地よい体験を演出する」という姿勢が感じられます。「その瞬間を、人生で一度の交会と思い、心をこめて、客人を迎える」という「一期一会」の思想こそ、「おもてなし」の源流ではないでしょうか?

滝川クリステルさんのスピーチに出てきた「おもてなし」の意味を語った文章をいま一度、紹介します。「・・・歓待、気前の良さ、無視無欲の深い意味合いをもった言葉です。それは私たちの先祖から受け継がれ現代の日本の超近代的な文化にまでしっかり根づいているものです。「おもてなし」の精神は、なぜ日本人がこれほど互いに思いやり、またお客さまたちにも同じようにその思いやりの精神で接しているのかを説明するものです。・・・」

|

« ワーク・モチベーション | トップページ | ブラック企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/58669966

この記事へのトラックバック一覧です: おもてなし:

« ワーク・モチベーション | トップページ | ブラック企業 »