« エスカレーターの乗り方 | トップページ | 悪ふざけ投稿 »

2013年9月28日 (土)

さとり世代

若手社員に対する理解について、「ゆとり世代」は云々とよく教わったのですが、最近は、「さとり世代」の若者の特徴などが、研修の講義の中で、しばしば登場するようになりました。「さとり世代」というのは、日経新聞の記者だった山岡拓氏の著書になる『欲しがらない若者たち』をテーマにしたネットのスレッドから生まれた造語のようです。

ゆとり世代は、ご承知のように、2002年度に行われた学習指導要領による「ゆとり教育」を受けた世代で、幼少期が情報化社会の成長時期にあたるために、携帯端末などの通信機器が手放せない特徴があるといわれています。

「さとり世代」は、いわゆる平成生まれで、ゆとり世代の次にあたると言われている世代で、草食系ともよばれている彼らは、ガツガツと自己顕示欲を露わにしたりせず、与えられた環境で、あるがままの自分に満足している傾向があるそうです。

現在の10代後半から20代半ばまでの若者のほとんどが、スマートフォンを持ち、おしゃれを楽しんでいるのを見て、「若者が贅沢をしている」と思うかも知れませんが、それは贅沢とは違い、自分にとって無駄なことをしていないからなのです。

こんな彼らも、仕事で見ていると、会社では「早く、一人前になりたい」、「早く、自分が必要とされる存在になりたい」、「早く、周りから認められたい」といった成長意欲は十分に感じとれます。「早く」というのが、やや性急に思えるのですが、ネット世代ですから、「早く」答えを出したいのかも知れません。

私たちの古い世代が、若い世代の傾向を知って、理解に努めるように、彼らにも「団塊世代」や「バブル世代」を理解してもらいたいのですが、これとて、彼らにとっては、「無駄なことはしない」ライフスタイルからすると、意味がないことなのでしょうか?

世代の違いは時代背景の影響で、考え方に違いが出ることもありますが、お互いを尊重して、人と接するときに相手の世代に関する特徴を知れば、上手なコミュニケーションが取れやすくなるではないでしょうか?

|

« エスカレーターの乗り方 | トップページ | 悪ふざけ投稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/58281024

この記事へのトラックバック一覧です: さとり世代:

« エスカレーターの乗り方 | トップページ | 悪ふざけ投稿 »