« モバイル・ラーニング | トップページ | エスカレーターの乗り方 »

2013年8月31日 (土)

プレゼンテーション=プレゼント

先週のプレゼンテーション研修の中で、講師の先生が受講生に「そもそもプレゼンテーションって何ですか?」と尋ねられていました。あなたは、なぜプレゼンテーションを行うのですか?そして、どのようなプレゼンテーションができたら「成功!」と思えますか?

いざ「プレゼンテーションとは」と訊かれて、まず思い浮かべるものは、ビジネス場面での新しい商品企画の提案を社内やお客様に対して行うことや、建築設計や誘致活動のコンペの他、学会での研究発表や、学生さんが授業中に行う調べ学習などの課題発表などでしょう。

これらの目的は、報告であったり、説明であったり、説得であったりしますが、要は「あなたの伝えたい情報を相手に理解してもらい、何らかの行動を起こしてもらうためのもの」と定義づけられるのではないでしょうか?

この意味から、プレゼンテーションでの「失敗!」は、緊張してカミカミになることや、順番を間違えてしまうことや、手足がガクガク震えてしまうことではなく、「伝えたい相手に、伝えたいことが、伝わらずに終わる」ことで、自己満足型では、相手の期待を裏切ることになります。

そもそもプレゼンテーション<presentation>の語源はプレゼン<present>からきているもので、<present>の語源には、「pre=あらかじめ用意したもの」「sent=渡す、贈る」とする説があり、このことから「プレゼンテーション」を「プレゼント」に置き換えてみては如何でしょうか?

あなたが誰かに何かをプレゼントするとき、どのようなことをしますか?まずは、贈り物をするかどうか判断するでしょう。そして、品物選びも、相手の好みを第一優先にするでしょうし、贈る方法もあれこれ考えを巡らします。すべて相手の立場に立って考えるのではないでしょうか?

プレゼントを期待していない時は、いい驚きをもって迎えられますが、贈られても迷惑な品物もあります。プレゼントもプレゼンテーションも、あなたのメッセージが相手に受け入れられてこそ、意味があるのではないでしょうか?

|

« モバイル・ラーニング | トップページ | エスカレーターの乗り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/58099392

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼンテーション=プレゼント:

« モバイル・ラーニング | トップページ | エスカレーターの乗り方 »