« あのその口癖 | トップページ | 虹の色 »

2013年7月27日 (土)

頭が高い

一般的に、上から目線の人を「頭(ず)が高い」といいます。「頭が高い」は、辞書を引くと「(頭の下げ方が足りない意から)相手を見下げる態度で、無礼である。横柄である。(新入りにしては頭が高い)など」とあります。

よく講師の先生で、このように、「上から目線の人」とレッテルを貼られる人は、どちらかというと、受講生と同じ目線で講義ができないというか、受講生の持てる潜在能力を引き出すことに注力されず、「教えてやっているのだから、ありがたく講義を聞くのは、受講生の立場だ」と、一方的に決めつけてかかるから、「頭が高い」といわれるのです。

心理学の先生に聞いたのですが、そのような人は、思い込みが強く、個人人格が役割人格を上回っていて、たえず、自分最適を優先します。特に講師の先生に限らず、横柄な態度を取る人は、自分が「横柄な態度を取っている」とは、いささかも思っていないので、いくら注意しても治らないというのです。自分の置かれた立場の認識が希薄なのでしょうか?

新入社員研修のとき、社会人になりきっていない行為について説明される場合も、「学生のときは、個人人格(自分最適)で物事を判断できても、社会人になれば、自分が置かれた立場(会社最適)で判断することが求められます」というのがあります。いつまでも個人人格で留まっているようでは、それこそ、「新入りにしては頭が高い」といわれかねません。

思うに、「頭が高い」人は、自分最適だから、相手理解ができない、若しくは、相手理解の必要を感じていないのではないでしょうか?「言うべき人が言うべき時に言わない」とか、「決断すべき人が決断しない」といった当事者意識の希薄な人も、この範ちゅうにはいるような気がします。きっと学生のときのまま、個人性格を優先して、役割性格を疎かにしているのです。

という私も、時として、個人性格が表にでることがあり、役割に徹することの難しさを痛感しています。

|

« あのその口癖 | トップページ | 虹の色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/57872723

この記事へのトラックバック一覧です: 頭が高い:

« あのその口癖 | トップページ | 虹の色 »