« 親の顔が見たい? | トップページ | へたうま »

2013年6月29日 (土)

水彩スケッチ

予備校のCMに登場する「いつやるか。今でしょ!」で名を馳せた林修先生もそうですが、人気講師というのは、その授業の内容とはかけ離れた話をしてくれます。私も昔、予備校に通っていたとき、同じ現代文の先生が、人生論めいた話ばかりしていましたが、塾で一番の人気講師でした。

きょうは、スケッチに新宿御苑に出かけました。かなり大勢のグループで元イラストレーターの人気講師の先生についていきました。この先生は絵も上手ですが、話がとても面白く、多少でも絵心のある人にとっては、学ぶものの考え方に共感するものがあるから、みんな付いてくるのだと思います。

ご存知かと思いますが、水彩画は色づけで絵を仕上げて行くのですが、スケッチ画は線で仕上げるといいます。その線もできるだけ長い線で書くように言われます。勢いをつけるためで、「下書きもしない、構図を決めない、(消しゴムで)線を消さない」、が上達の決め手だそうです。

野外授業では、めいめいが自分の描きたい場所を見つけ、その場で見る「情報」を「思い」をもって描くのです。先生に言わせると、私たちは、「うまく描くために来ている」のではなく、「いい絵を描くための勉強に来ている」のあり、学ぶポイントが見つかれば、それでOK。絵なんて、誰でも描いているうちに「うまく描けるように」なるとのこと。

考えてみれば、私たちの研修の場も、学芸会ではありませんので、その場でいくらワークが出来たとしても、気づきや学ぶポイントを見つけて帰らねば、参加した意味がありません。たとえばプレゼンテーション研修などで、日頃の腕前を他の人に見せつけても、それは本人の自己満足に過ぎないのではないでしょうか?

|

« 親の顔が見たい? | トップページ | へたうま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/57687534

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩スケッチ:

« 親の顔が見たい? | トップページ | へたうま »