« 研修も、愛と理解と調和 | トップページ | 相手理解とコミュニケーション »

2013年5月25日 (土)

女性リーダーの必要性

女性の就業率が年々増えていることは前にお話ししました。内閣府編「男女共同参画白書」によれば、日本も欧米の45%~48%に引けを取らず、内閣府編「男女共同参画白書」によれば42.7%と何ら変わりはありません。

ただ、管理職(管理的職業の従事者の女性の割合)となると、アメリカ42.7%、ドイツ37.8%、イギリス34.6%、イタリア32.2%などに比べ、残念ながら日本は11.5%と明らかに低いのが現状です。手元に統計資料はありませんが、同じ管理職でもトップリーダーとなると、もっと数字が低く、ほんの一握りの方たちではないでしょうか?

男女共同参画社会といっても、欧米諸国のように、子育てしながら働き続けられる条件整備や家族政策が取られていないこともあり、日本の現実は厳しいといわれていますが、そもそも、日本の企業に、女性のトップリーダーを育てる覚悟があるとは思えません。

最近、「女子力」という言葉をよく耳にしますが、景気を左右するといわれる個人消費にいたっては、女性が大半を占める世の中なのに、商品開発などは女性の視点が企業の業績に直結するはずなのに、私たちの会社でも、ほとんど女性が参画していません。

女性の存在が組織の変革を促す場合もあると思います。いわゆる男社会では、リーダーは自信があるのか、若い人や女性の意見を聞かず、過去の成功体験や自分の思い込みでことを進めがちです。そのような環境に女性リーダーが加わることで、きっと、業績向上の新たな視点が生まれてくるのではないでしょうか。

|

« 研修も、愛と理解と調和 | トップページ | 相手理解とコミュニケーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/57456110

この記事へのトラックバック一覧です: 女性リーダーの必要性:

« 研修も、愛と理解と調和 | トップページ | 相手理解とコミュニケーション »