« 講師の先生と研修テキスト | トップページ | 今年の新人 »

2013年3月30日 (土)

マッチング講師

最近、若手向きの研修でお世話になっている講師の先生から聞いた話ですが、研修講師は、その先生のように、研修の狙いや目的をはっきりさせないと仕事を引き受けできないタイプと、スキル研修が主で、ご自分のプログラムをできるだけ変えないで引き受けたいタイプに分かれているそうです。

前述のタイプの先生も、もちろんご自分のプログラムなのですが、たとえ新入社員のマナー研修であっても、「一般的な常識として」とか「将来のため」といったあいまいな動機づけで講義するのではなく、受講する新人をイメージして、このマナー研修を今後どの場面で活かすのか、しっかり動機づけて講義をしたいといいます。

なぜかというと、新入社員は、実際に仕事をしてないのでイメージがわかないからで、マナー研修なら、過去の新入社員の悪いマナーとか、良いマナーの事例をいくつか提示してあげないと、新人は何がいけないのか、何がよいのか分からないといいます。ですから、研修に先立ち、私たちが発信する「この研修のねらい」や、彼らが、いつから、どのような職場で、どのような仕事をするのか、内定研修までに何を学んだのか、など、いろいろ聞かれます。

後述のタイプの先生は、主に講演とか公開セミナー向きになるのですが、「一般的なマナー研修をお願いします」といえば、打合せなど必要ないほど、簡単に引き受けてくれます。依頼する方も、新卒なら、「一般的な常識」「将来のための基本」だけのニースですから、それにマッチングするプログラムをお持ちの先生=マッチング講師であれば十分なのです。

このような「マッチング講師」の先生は、端から、受講生を見ているわけではなく、「一般的な常識」を披露することで、十分と思っておられるようです。時流に合わせて内容を変えられるわけではありませんので、「カスタマイズできます」といわれても、役職の呼称とかをその会社のものに言い換えたり、プログラム上で項目を増やすことが「カスタマイズ」だと勘違いされている節があります。

|

« 講師の先生と研修テキスト | トップページ | 今年の新人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/57066174

この記事へのトラックバック一覧です: マッチング講師:

« 講師の先生と研修テキスト | トップページ | 今年の新人 »