« 黒一色の車内 | トップページ | 女子の就業率 »

2013年2月 9日 (土)

体罰と暴力の違い?

大阪の桜宮高バスケットボール部や、柔道女子の五輪代表らによる監督告発と、スポーツの指導者による暴力の問題が立て続けにあらわになりました。その後も全国各地で、教師による“体罰問題”が連発しています。

当事者に方は、暴力行為は許せないが、指導する相手に非があれば、体罰はある程度は許されるのでは、と思っている人が多いと聞きます。 そもそも、スポーツで指導するのに「体罰が有効という考え」しかないのは悲しいことです。あまりにも、自分の価値観を押し付けすぎではないでしょうか?人を育てる手立ては他にもあるはずです。

これは、何もスポーツに限ったわけではなく、企業における人材育成も同じことだと思います。過去の栄光にとらわれ、自分のやり方が正しいのだと、世の中の変化や、個人の人格を無視して部下を使おうとする上司にありがちな行為です。会社の理念や思いは、そこに反映されているのでしょうか?

今回の、女子柔道の日本代表監督らの暴力問題を、国際柔道連盟のビゼール会長は「(暴力は)われわれのスポーツの礎を築いた嘉納治五郎師範が説いた精神と理念では決してない」と批判していました。「嘉納治五郎の教えと異なる」と指摘されたのは、日本人として本当に恥ずべきことだと思います。

「嘉納治五郎の教えと異なる」といわれても、人づくりの基本から離れた末のメダル至上主義の今の日本は「教えるもの」をどれだけ持っているのでしょうか?「柔道とは何か?」「武道とは何か?」「スポーツとは何か?」・・・といったことを先人の「講義」から学び、質疑応答(問答)を通じて、柔道の価値や、柔道を行う意義を語れる指導者はどれだけおられるのでしょうか?

|

« 黒一色の車内 | トップページ | 女子の就業率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/56728602

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰と暴力の違い?:

« 黒一色の車内 | トップページ | 女子の就業率 »