« うざい上司の説教 | トップページ | 一年の計は元旦にあり »

2012年12月15日 (土)

パワハラ激増?

厚生労働省から報道機関に公表された「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」によると、会社員の4人に1人がパワハラの被害を感じているというアンケート結果です。対象は、正社員30人以上の4,640社から企業調査と、非正規を含んだ20~64歳の男女9000人に対するインターネット調査によるものです。

過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した人は回答者全体の25.3%という驚きの結果でした。企業に寄せられるパワーハラスメントに関する相談について、当事者の関係をみると、「上司から部下へ」、「先輩から後輩へ」、「正社員から正社員以外へ」といった立場が上の者から下の者への行為が大半を占めている、と報告されています。

上司としては、そんなつもりで言ってはいないと思っていても、受け手側の取りようで、結果として「パワーハラスメントを感じる」という受け手側に与える影響をを理解してほしいです。同じ仕事を頼むにしても、何のねぎらいの言葉もなく、一方的に押し付けるようでは、パワーパラスメントを受けたといわれても仕方ないと思います。

従業員1,000人以上の企業では96.6%とほとんどの企業で相談窓口を設置しているのに対して、従業員99人以下の企業では37.1%と低い水準にとどまっているものの、過去3年間にパワーハラスメントを受けた経験者のうち、46.7%が「何もしなかった」と回答しているのに、社内の相談窓口に相談した人は1.8%と低い、というのが実情です。

パワーハラスメントに関連する相談がある職場に共通する特徴として、「上司と部下のコミュニケーションが少ない職場」が51.1%と最も多く、相変わらず、報告・相談・連絡は「部下から上司にするもの」と決めてかかっているようで、お互いに「自分の考えが他人に受け入れられ、理解を得ることを目的として情報を伝達する」コミュニケーション能力が欠落しているようです。

|

« うざい上司の説教 | トップページ | 一年の計は元旦にあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/56321577

この記事へのトラックバック一覧です: パワハラ激増?:

« うざい上司の説教 | トップページ | 一年の計は元旦にあり »