« OJTの受け方 | トップページ | 世代感 »

2012年11月24日 (土)

継続の習慣化

「発心は易く、継続は難し」のごとく、何ごとも継続していくことは難しいのですが、小さなことや当たり前のことを当然のこととして積み重ねていくことは、何事においても大切なことです。

「継続は力なり」と言われますが、成功者は、あきらめずに続けることを成功の条件にあげます。特別な意志力があるというより、あきらめなかったことが意志力だと言わんばかりです。ところがあきらめる人にしてみれば、自分には、そのような能力がないのだろうと思いがちですが、あきらめないのは意志力だけの問題ではないと思います。

継続できる人に共通してみられる特徴は、「なんだかんだ」と言いながら、いつの間にかそれなりのレベルの習慣を継続させています。彼らは初心を習慣に転化しているのです。いつまでも意志力で行動を続けようとしても、そううまくいくものではありません。意志力だけで継続させようとすると、それこそ三日で終わってしまいます。

継続は楽しいからするのです。その楽しさは外側から与えられるものではなく、自分の内側から起こることです。モチベーションはすぐなくなります。なくなる前にモチベーションで成し遂げてしまうべきことは、やる気で習慣を作ってしまうことです。習慣化した行動を起こすのに、意志力はほとんど必要ないと思われます。

必要なのは、継続していった延長線上にある目標だと思います。ただ続けるだけではその単調さから、途中で嫌気が差してしまうことでしょう。ワタミの渡邊美樹社長は、起業の資金として300万円を貯めるという目標があったからこそ、運送会社でのハードワークを1年間継続できたと述べています。

人は年齢と共に、挑戦する意欲も失いがちですが、それは挑戦しないことに慣れてしまって習慣化する能力を磨いていないからだと思います。能力を磨いていないと挑戦できなくなります。「能力×挑戦=無我夢中」の構図で楽しくなるようにしたいものです。

|

« OJTの受け方 | トップページ | 世代感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/56180017

この記事へのトラックバック一覧です: 継続の習慣化:

« OJTの受け方 | トップページ | 世代感 »