« 卒業写真 | トップページ | 講師の評価 »

2012年10月 6日 (土)

スタンディングオベーション

辞書によると、スタンディングオベーションとは、「演奏会やスポーツイベントなどで、観客が立ち上がって拍手を送ること」とあります。日本語では「満場総立ち」という表現になるのでしょう。

素晴らしい演奏や演技、プレイに感動した観客による最大限の賛辞ですが、演奏会やスポーツイベントに限ったことではないらしく、TED Talkのプレゼンテーションの動画を見ていると、心につきささったトークには、スタンディングオベーションが鳴りやまないこともあります。

私は、講師の先生で、研修においても、終了時に受講生から、スタンディングオベーションをもらうことを、その日のゴールとしている人を知っています。これには、相当な努力が必要で、あくまでも受講生に対して、講師目線ではなく、受講生側に立って、彼らの持っている潜在能力を引き出し、自信を与えたときに、初めて得られるものです。

しかし、このことは、日本では、非常に難しいことです。なぜなら、スタンディングオベーションは、自らの感動や称賛の念を素直に表した行為ですが、控えめな日本人にとっては、なかなか行動に移せないからです。現に、スタンディングオベーションと逆のブーイング(非難する)など、日本では、通常、起きたりはしません。

海外から来日したあるアーティストは、「日本人は大人しく、ライブなどで立ち上がることはあっても、その他の公演でスタンディングオベーションが起こることは殆どない。評価していない訳ではなく、立ち上がった際に他者に迷惑を掛けないように気遣った日本特有の行為である」といっていたくらいです。

それでも、一生懸命に講義を行い、受講生の一人ひとりを感動させようとする、この先生の熱心さには、心打たれるものがあります。

|

« 卒業写真 | トップページ | 講師の評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/55825207

この記事へのトラックバック一覧です: スタンディングオベーション:

« 卒業写真 | トップページ | 講師の評価 »