« 人材と人財 | トップページ | プレゼンテーションで意識すること »

2012年9月 8日 (土)

新人研修?

前に「教育と研修の違い」について書きました。語彙的には、教育は「教え、育むこと」、研修は「研いで、修めること」で、さらに、教育は「教える側の責任」、研修は「教わる側の責任」だったと思います。

内定式を10月に控え、そろそろ入社の受け入れ準備が始まりますが、入社式の後から始まる「導入研修」も、人材育成の観点からすると、新人研修ではなく、新人教育といった方が、意味合いがはっきりするような気がします。

新入社員を受け入れてから、形だけの「研修」を行い、あとは現場でのOJTに任せるのではなく、半年あるいは1年後のフォロー研修で集め、2~3年は、教育部署が何らかの形でかかわります。これらはすべて「教えて、育むこと」の一環です。

この時期、外部の教育機関や研修会社から、4月の「新入社員研修」の案内が、私たちの担当部署宛てに数多く届きます。内容を見ていると、新人教育の一環としての新入社員研修と捉えてくれているならまだしも、新人の教育について、なにも触れていないで、新入社員「研修」一点張りの研修会社のものもあります。

そのような研修会社は、教育は「教えて、育てる」のだから、「教えること」のお手伝いができます、というのでしょうが、なにか、若手社員や中堅社員に対する「自分自身のスキルや能力などを鍛えて磨きをかける」研修と同じ趣旨で、新人教育を考えておられるようで、ちょっとさびしい気がします。

|

« 人材と人財 | トップページ | プレゼンテーションで意識すること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/55605921

この記事へのトラックバック一覧です: 新人研修?:

« 人材と人財 | トップページ | プレゼンテーションで意識すること »