« 人前で手を組まない | トップページ | スタンディングオベーション »

2012年9月29日 (土)

卒業写真

卒業写真といえば、荒井由実の代表的なヒット曲、と決まっていますが、きょうは、日本と外国の卒業写真の違いのお話です。ただ、日本の卒業写真は、ほとんど集合写真で、全員がかしこまって映っています。ところが、欧米での卒業式は、趣旨が違うのか、イベントで盛り上がった会場のスナップ写真ばかりです。

前に、話題になったアップルの故スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学での卒業式のスピーチのときの映像でもお分かりのように、たくさん集まっているものの、角帽とガウン姿の一人ひとりの映像はあるのですが、集合写真はありません。そして日本と違って、みんな笑顔で映っているのです。

卒業式は、学ぶべき過程を全て終了したことを認定し、そのお祝いをする式典ですが、卒業という言葉の意味が、日本と欧米では違うように思います。一般的に卒業と言えば「Graduation」(終える)ですが、欧米では、「Commencement」(始まり=語源はラテン語)が使われます。新しい一歩を踏み出す卒業生に「新たな始まり」という言葉で、祝福するのです。

英語圏では最古の歴史を誇るイギリスのオックスフォード大学の卒業式は、イギリス国家斉唱後、学長が厳かに開会を宣言し、ラテン語で式典が行われると聞いています。アメリカで最も古いリベラル・アーツ・カレッジのハーバード大学でも、ラテン語も交え伝統にのっとった卒業式で、「新たな始まり」のお祝いのイベントです。

同大学の場合は、中退したビル・ゲイツや、ハリボタの作者J.K.ローリングなど、ゲストスピーカーも話題で、卒業式には3万人を超える観客が押し寄せるといいます。留学のご経験のある方は、ご存じでしょうが、どの大学でも、式典の檀上はパフォーマンス化し、待っている学生の間ではWAVEが始まり、まるでお祭り気分です。

それでも、卒業生は、笑顔に笑顔です。日本の卒業写真に写る私たちに笑顔がないのは、この「終わり」と「始まり」の違いにあるのでしょうか?

|

« 人前で手を組まない | トップページ | スタンディングオベーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/55770014

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業写真:

« 人前で手を組まない | トップページ | スタンディングオベーション »