« いじめ問題 | トップページ | 会社への忠誠心 »

2012年7月28日 (土)

研修サービス市場

最近、矢野経済研究所が発表した「企業向け研修サービス市場に関する調査結果2012」では、市場規模はリーマンショック前の5,700億円(2007年度)をピークに、年々減少をたどり、昨年は4,520億円まで落ち込んだものの、今年(2012年度)は4,700億円と上昇機運にあり、来年(2013年)は4,900億円まで回復するとの予測値でした。

ただ、この調査は、「企業内向け研修」といっても、一般的なヒューマンスキル研修、ビジネス関連セミナーだけでなく、グラウドコンピューティングなどのIT技術研修、最近定着しつつある「eラーンニング」や内定者向けのDVD等による自己学習としての「通信教育」も含んでいるとのこと。

私たちの一般的なヒューマンスキルやビジネス関連セミナーについていえば、「グローバル」関連の研修、アセスメント関連のサービス、メンタルヘルス関連の研修、体験・実践型の研修、中小企業向けの「定額セミナー」が、昨年下期から好調で、今後の市場回復予想の下支えなっているようです。

私たちがおつき合いしている研修サービス事業者さんは、従来の定番商品に固執していて、回復どころか減少一方というところと、逆に、カスタマイズされた新人研修や管理職研修が堅調で、むしろ増加傾向にあるというところに分かれています。新人・若手向け研修の構成比が大きい事業者ほど、好調で仕事が増えているように思えます。

いま、多くの企業で新人の人材育成の難しさがクローズアップされています。限られた時間の中で、新入社員を迎える仕事・職場の環境を整え、「ゆとり教育世代」への理解をより深めることが求められています。弊社でも、いままで内製で行っていた新入社員トレーナー制度など、若手の外部講師を招聘して見直しています。

|

« いじめ問題 | トップページ | 会社への忠誠心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/55292315

この記事へのトラックバック一覧です: 研修サービス市場:

« いじめ問題 | トップページ | 会社への忠誠心 »