« 究極のプレゼンテーション | トップページ | 忍び寄るグレーサイド:エゴ »

2012年6月25日 (月)

講師の若返り

前に「ベテランすぎる講師」と題して書き込みをした新卒フォローアップ研修の続きです。ここ8年続けてきたプログラムなので、内容については、年々改良に改良を重ね、かなり完成度の高いものになっているのですが、ここ数年、受講生受けをしなくなった、というお話でした。

何が問題かといいますと、それこそ講師の先生たちは、一所懸命に、ご講義を頂くのですが、理解を深めるためにお話しされる具体例が、いまの若者に合わないというか、しっくりこないのです。簡単に言うと、母親が、息子や娘の仕事の状況を知らずに、いろいろアドバイスするような状況です。

テキストに書かれた文章も、いまの若者が日ごろ使いそうにない表現が見受けられます。たとえば「躊躇する」とか「落ち度」とかで、どうして「ためらう」とか「ミス」に直されないのか不思議です。コミュニケーションは「責任や情報」を共有して初めて成り立つもの、相手が理解できることを前提としてほしいです。

昭和の価値観と違い、「注目するターゲット」が変わって来ていることを肌身で感じます。価値観が多様化し、若者の働く理由が「生活するため」ということから大きく変わってきています。5年ほど前には「自己実現」を目指す若者が多いと感じましたが、この頃は「ライフキャリアの中の仕事」という位置付けが圧倒的に多くなってきています。

世代間の価値観の違いは、組織のチームワークやコミュニケーションという点では超えるべき壁となりますが、あらゆる世代が存在することで企業は健全な視野と感覚をキープすることができます。ただ、講師の先生の場合は、若返りをお願いする以外なく、結果として、40代の先生にご担当いただくことにしました。

もちろん、年配の先生だから「価値観がずれている」と決めつけるつもりはありません。若い先生でも、価値観の違いを認識されていない方もおられます。要は、若者の価値観の多様性について、どれだけ理解できているか、理解を示すことができるかで、先生ご自身の多様性が求められているのです。

|

« 究極のプレゼンテーション | トップページ | 忍び寄るグレーサイド:エゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/55043506

この記事へのトラックバック一覧です: 講師の若返り:

« 究極のプレゼンテーション | トップページ | 忍び寄るグレーサイド:エゴ »