« アクティブ・ラーニング | トップページ | テキスト原稿の著作権 »

2012年5月28日 (月)

問題発見の切り口

マネージャー研修で、コミュニケーション:スキル、論理思考、問題解決手法は、いずれも欠かせないテーマです。なかでも問題解決セミナーは、問題発見力と併せて、定期的に開催してきました。

ただ、いままでの研修では、「問題発見・問題解決は何ぞや?」というところから入るのが通常のコースですので、マネージャーの皆さんは、論理展開の手法や、問題解決の手法については、自己啓発での読書などで、よく知っています。「何をいまさら」という受講態度から始まります。

ところが、研修を終えて現場に戻っても、ご自分の業務に活かしきれず、問題発見はおろか、問題は山積で、相変わらずの現状維持のまま、なんの変化も見られないことが多いといわれ、研修効果に疑問を持つようになりました。

そこで、今回、同じテーマでの研修を、違った角度から行っていただくよう、外部講師の先生にお願いすることにしました。「違った角度から」というのは、今までの「講義→演習」をやめて、むしろ逆の入り方で「演習→講義」というやり方です。

詳しく言いますと、いきなり演習から入って、あとで、「皆さんが考えて結論を出したのは、この手法ですよね」といって確認してもらうのです。着想・発想の切り口で、オズボーンのScamper法(9つの切り口)、マインドマップ、ブレインストーミング、KJ法、フレーム思考などを、グループ演習から、それぞれ体感します。

先生が、講義をして、講釈をたれずとも、グループで皆さんは、問題発見をして解決に導こうとします。個人レベルでは、枠外発想に限界があるものの、グループワークでは、どんどん広がりを見せることができます。研修の結果は、参加者は大満足でしたが、今度は現場で活かせるか、見守って観たいです。

|

« アクティブ・ラーニング | トップページ | テキスト原稿の著作権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172484/54812479

この記事へのトラックバック一覧です: 問題発見の切り口:

« アクティブ・ラーニング | トップページ | テキスト原稿の著作権 »